リアルなヨガ・ティーチャー育成プロジェクトTrue Arts Yoga 金子真矢のブログ ◆ワークショップ、イベントの詳細はカテゴリからどうぞ◆


by mayayoga

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ヴィンヤサとアラインメントの両立

“何ヨガ”をしている/教えているのかと聞かれると相変わらず答えに困る。「アラインメント重視のヴィンヤサ」なんて答えてきたけれど、単純にアーサナ指導の面から言うと、緻密にアラインメントを整えてアーサナに向き合うことと、ヴィンヤサとはやっぱり両立しにくい。大好きなドミニカのクラスを受けるといつも思う。ポーズの形を教えるんじゃなくて人を教えるんだと。昨年末にチャック・ミラーのクラスを受けた時も改めて考えさせられた。

これまで私が師事した尊敬する先生方のほとんどはアイアンガーヨガの流派を踏まえた、または影響を受けた人たちだったので、アイアンガーのメソッドには敬意を表したいし、プロップスの使い方や緻密なアラインメントへのアプローチはどんなスタイルのヨガを教える場合も生きると思う。ただ、「マヤさんのヨガはアイアンガーベースですか?」と聞かれると、いえいえ、滅相もない!と言うしかない。
ご承知の通りアイアンガーを名乗るには厳しい認定試験その他諸々をクリアして正式指導者資格を取らねばならないのです。そもそも私はアイアンガーのみをみっちり学んだわけではないし、今まで学んできた事を○○ヨガという1つの流派なりスタイルに当てはめる事が、自分にとってあまり意味のある事のようには思えない。

もちろん私はヴィンヤサが好きだし、今も自分のベースはヴィンヤサだと思っているけれど、時々すごく空っぽに感じる。シークエンスをいくら練っても、自分はポーズの表面的な部分しか教えていないじゃないか、と。ポーズの本質を教えているか? 生徒がそれぞれの癖や課題に取り組めるような指示なりアジャストメントなりをしているか?
当然ながら「あなたはベルトを腕にかけて」、「あなたはこのポーズの代わりに壁を使ってこれをやって」、「あなたはブランケット3枚必要」…なんてことをシークエンスの中でやろうとすると(どうにかやってきましたがね) 流れを妨げてしまう。個々に対応するとヴィンヤサ色は薄れ、ある程度フローを成立させようと思ったらグループエクササイズ的な、振り付け的な性質が出てしまうのは仕方のないことかも知れない。

もっともヴィンヤサとは単に「流れるような身体の動き」だけを指すのではないし、ヨガはアーサナだけではないから、ヴィンヤサの大きな意味も忘れてはならないけれども。
特にOM yogaではマインドフルネス-今に集中する・今を生きる-とCompassion-思いやり・慈悲-をヴィンヤサと切り離さずに教えていくし、ヴィンヤサの本来の意味、“特別な方法で配置する”が、自分にとってどんな意味を持つのかとことん考える。1つの行動が次の行動へ繋がることや、原因が結果を生み出すこと、すべては移り変わり、留まるものなど何もないのだと気づくこと、など。それらにマットの上で気づき、日常のあらゆる場面に活かせるとしたら素敵だ。
今更ヴィンヤサを“flow”、ヨガを“unity”なんて、いかにもな回答をしたらCyndiにあんたは一体今まで私の元で何を学んで来たんだと怒られる…笑

流れるような動きと、考えられたシークエンス。呼吸と動きを合わせ、動きの中で集中し、没頭できる事は素晴らしいし、センスのいいヴィンヤサクラスを受けた後の心地良さは格別。しかし、それ自体が楽しく、汗もかいて爽快。という以外に何かあるだろうか?空虚感…それは多分わたしのヴィンヤサに対する理解と経験不足が露呈した結果でしかないんだろうけど、、

ヨガを教えていて迷わない人なんてきっといない。今のヨガの流派の垣根って伝統流派はともかく、どんどん取り払われているような気がするので、もう、自分がやっているのが何ヨガなのか、そもそもヨガなのかさえも分からなくなってきている状態…苦笑
でも、そんな不確かな状態であれこれ考え、それでも毎日マットに向かい、模索しながらクラスを教える事から何か見つけるんだと思う。

もうしばらく、しつこく基本のアーサナ(もしかしたらアーサナにも至らない、準備ポーズを教えるに留まるかもしれない)を教えることと、ヴィンヤサとの両立に悶々と葛藤する日々が続く予感です。
b0130734_4481965.jpg

Hari Om Tat Sat,
by mayayoga | 2014-02-09 04:32 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mayasalam.exblog.jp/tb/22022261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みほ at 2014-02-13 23:58 x
私もいつもいつもまやちゃんと同じことを考えてクラスをしてる…
アライメント重視でやるとテンポは悪くなるし、テンポ良くやると危ない身体の使い方をする人がでてくるもんね。

どっちのヨガも生徒として行ったし、トレーニングも受けたので、いつも相反するものちゃうんかなー?と腑に落ちずにいたけど、最近はケガをさせないようにするのが、いちばんしっくりくるかな。
自分が年いってきたから(笑)動けない。
だから、もう流れが止まろうが、正しいアライメントでやることを選んでます。

またゆっくり話しようね!
Commented by おかちゃん at 2014-02-14 22:32 x
先生のヴィンヤサクラスは、動きの流れがとても美しくて、その連続に(こんなに繋がるモンなの~っ!)って驚かされます。汗もかけて、凄く楽しい。。。 自分が、連続した動きの中で、学んだことを実践できたか?終わった後の自己採点。
自分を試すこと、自分に挑戦させること、自分を見つめることが、こんなに楽しいとは。。。 マヤ先生のクラスが、一番
それを感じさせてくれます。
先生に(好んで)学ぶ人は皆、それがアライメント重視のクラスでも、流すクラスでも、各人のレベルで、先生に学んだコトを実践しようと努力してるはずだと思います。
クラス、それ自体が繋がってる、連続していると思います。

どんな仕事をしていても(これでいいのか?)と考え、悩むことを止めたとき、マンネリになります。つまらなくなります。だから、もっともっと悩みましょう!悩むだけまだ伸びしろがあるんです、きっと。
Commented by mayayoga at 2014-02-17 21:55
>みほちゃん
本当にそうだね。テンポとアラインメント、私もずっと相反するものだと思って悩まされてきたの。ケガをしない、させないために何をするか考えると答えは出るね^ ^
確かに私も、ひと昔前のパワー系のヨガからはすっかり遠ざかったなぁ(笑)アイアンガーがいいなと思うようになった。たぶん、性格的にも合ってる…
みほさんのリストラティブまた受けたいなぁ。いつもありがとう!
Commented by mayayoga at 2014-02-17 22:01
>おかちゃんさん
「こんなに繋がるもんなのー?」って言われるの、ヴィンヤサを教えている者にとってはかなりの褒め言葉です。笑
おかちゃんさんのコメントは、「あー、伝わっている人がいたー!よかったー(T_T)」って嬉しくていつもニヤニヤしてしまいます。ありがとうございます。本当に、私がクラスから得ること、学ぶこと、ものすごく多いです。だから悩んでも、たまに挙がってくるクレームに凹んでも(笑)この仕事、好きなんだなーと思います。

True Arts Yoga

カテゴリ

全体
◆True Arts Yoga
◆ヨガワークショップ・イベント
◆ヨガクラス・スケジュール
◇Yogaについてのあれこれ
◇ヨガウェア
◇ヨガマットBag
◇NYヨガの旅2009
◇Indiaヨガの旅2007
◇Tunisia滞在記2002-2005
◇Bali Wedding 2011
◇Istanbul時々ヨガ2012
◇猫と犬のこと
◇大阪くいだおれ
◇Family
未分類

最新の記事

【月曜コース開催!】True..
at 2018-08-18 13:12
鈴木まゆみ×金子マヤ 特別ワ..
at 2018-08-16 13:12
Practitioner プ..
at 2018-08-15 11:13
Sukha ーSpaciou..
at 2018-08-15 10:18

最新のコメント

> おかちゃんさん う..
by mayayoga at 14:31
>ユウコさん コメント..
by mayayoga at 02:29
私にとっては、マヤ先生が..
by しょーこ at 22:53
先生のヨガへの取り組みコ..
by おかちゃん at 10:06
昨日はお久しぶりでした。..
by サボってた☆KOJIさん at 14:19

以前の記事

2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

画像一覧