リアルなヨガ・ティーチャー育成プロジェクトTrue Arts Yoga 金子真矢のブログ ◆ワークショップ、イベントの詳細はカテゴリからどうぞ◆


by mayayoga

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

セルフマネジメント

お久しぶりです。
トレーニングと通訳と引っ越しと、加えて日々のレギュラークラスとでいつになく慌ただしくしておりました。
周りからは「忙しそうだね」と言われ、関係先からは「お忙しいところすみません」と恐縮される始末。私をよく知る友人は「あ、あの人マグロだから。仕事大好き。止まったら死んじゃう」と言ってくれたりします笑

いつも忙しくしているイメージを持たれるのですが、それはおそらく時間のマネージメントが下手なんだと思います。昔から前もって準備したり計画立ててやることが苦手でした。何事にも要領は良くて、全て何とかなってきたから、今になってもギリギリで慌てるパターンから抜け出せません。自分で自分の首を絞めているんですよね。忙しくさせているのは他でもない自分。その中で泳ぐことに慣れてしまっている。

多分世間の働く人達に比べたら大したことない仕事量なのです。フリーランスだからなかなか比較しづらいところはありますが。就業時間の区切りが難しい。

色んな事を抱えているのに仕事ができ、仕事が早く、忙しいと言わず、なりふり構わず!といった素振りを見せない

そんな人いるわけないと思いましたが、いるんです。
ヨガスタジオCITTAオーナーの青木千草ちゃん。
http://s.ameblo.jp/yogastudio-citta/
b0130734_15011945.jpg


若くしてスタジオを2店舗経営する経営者でありながら、ヨガティーチャーとして外部でも教え、家に帰れば高校生の男の子の母親というマルチタスクぶり。それだけでもすごいのに、彼女のすごいところはやりたいことを諦めないどころか必ず叶えているところ。ヨガの勉強したり、行きたいところに行ったりやりたいことをする。そのバイタリティーはどこから来るのかずっと不思議に思っていました。それだけ沢山のタスクをこなしながらも、決して煩雑にならず、圧巻の仕事ぶり。

そんな彼女の毎日を管理するのは手帳です。

昔から手帳マニアだったという千草ちゃんですが、納得のいくものがなかったからなんと作ってしまった(もうその辺りが何というか、彼女らしい)。それがCITTA手帳です。今年からは何とAmazonで取り扱い開始だそうです。すごい。そのうち「夢を叶える片付けの魔法」の こんまりさんじゃないけど、「やりたいことを叶える魔法の手帳」の“あおちぐ”なんて言われる日はそう遠くないんじゃないかと思えます。

手帳ってただ予定を書き込むだけのツールじゃないんですね。最初彼女の手帳講座の事を聞いた時、よくある女子向け「夢を叶える♪」系のお花畑講座(ちぐちゃんゴメン笑)かと思いましたが、受けてみてなるほど、これはセルフマネジメント講座だな、と思いました。書き込むという作業でビジョンを明確にし、人生のプランニングをする。単にTo Doを書き込む予定表じゃないのですね。

確実に人生を切り拓いてきた千草ちゃんのバイタリティー、その原点に触れられる手帳講座はこれからフリーランスを目指す、またはフリーランスにならなくともヨガを教えて仕事をしていきたい人必見です。

True Arts Yogaの100hトレーニングも佳境ですが、千草ちゃんをゲスト講師にお呼びして、インストラクターのためのセルフマネージメント講座を実施しました。ヨガの哲学がしっかり盛り込まれた「ビジョンを形にする」講座です。これは長年ヨガをやってきた彼女ならではの特徴でしょう。よくある自己啓発系の講座ともビジネス講座とも違うのです。

意識の高いTT受講生達、真剣に聞き入っていました。
トレーニングの後半にふさわしい、素晴らしい講座でした。千草ちゃん、受講生の皆さん、ありがとう。
b0130734_14503661.jpg

b0130734_14503744.jpg

b0130734_14503728.jpg

CITTA手帳についてはコチラ↓
http://s.ameblo.jp/cittatecho/?frm_id=v.jpameblo×tamp=1441937898

# by mayayoga | 2015-09-11 13:56 | ◆ヨガワークショップ・イベント | Trackback | Comments(0)

インストラクターのためのセルフマネジメント講座開催!

あの!CITTA手帳の生みの親!滋賀に2店舗を構えるヨガスタジオCITTA代表であり、かつ自分の時間を有効活用しやりたい事を叶える手帳講座講師をしている青木千草先生をお招きしての特別講座を開催します!

・フリーランスのインストラクターとしてやっていくには?
・自分の時間管理は?
・手帳を使いこなしてビジョンを形にしていくには?
・ビジネスとしてヨガスタジオを運営していくには?

並外れたバイタリティーとオーガナイズ力、自己管理能力で、やりたいことを叶えてきた千草先生。セルフマネジメント講座を任せられるのはこの人しかいない!という私からの熱烈ラブコールに応えて下さり、この講座の開催が決まりました。時間の使い方が物を言うインストラクター、特に好きなことを仕事にしたい全ての人に受けて頂きたい講座です!
b0130734_15102953.jpg


■■■やりたいことを叶える!インストラクターのためのセルフマネジメント講座■■■
あなたがもしヨガインストラクターとしてデビューしたら。
それはもう立派な個人事業主です。

けれど、実際は毎日のレッスンに追われ自分の時間が思うように取れなくなることが多いのが現実だったりします。
その為についついやりたい事を後回しにしてしまい、溜めてしまう。
自由な時間がなくなり、あんなにやりたかったはずのインストラクターという仕事が苦痛に感じてくる、、、という方も実は少なくありません。
せっかく好きでなったこの仕事。
一生好きなことで食べて行くにはいくつかの知っておくべきルールがあります。
今回は、各地で人気の講座の手帳講座をさらに掘り下げ、特にヨガインストラクターとしてどうしていけば自分らしく時間を使えるかにフォーカスを当てていきます。
今後、インストラクターとして活動していくにあたり
「知っておきたいセルフマネジメント」
をお伝えいたします。

《モジュール》
□目に見えない時間味方につけるには
□やりたい事を仕事に出来る人の必勝法
□ヨガ哲学を手帳に活かす 心の声を書く手帳の書き方
□決めたことを最後までやり遂げるコツ
□毎日の課題を習慣にするには
□2週間ずつのアップデート術
など。

【日時】2015年9月6日・20日(日) 15:00-19:00
全2日計8時間(※2日間セットでのご参加が条件です。単発受講はできません)
【受講料】25,000円
【場所】淀屋橋 お申込み後にお知らせします
【お申込み】trueartsyoga☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)


【講師紹介】
ヨガスタジオCITTA代表
手帳ライフコーディネーター
青木千草
手帳歴20年。ヨガ歴11年。
高校生の時から手帳を持ち歩く筋金入りの手帳マニア。
2013年に自分の思い描く理想の手帳「やりたい事を叶えるCITTA手帳」を考案し発売する。ヨガの講師として活動を2004年から開始するが、ある日手帳が書ける日と書けない日のギャップに気づく。ぶれないマインドを持つのがヨガをする人であるのに手帳が書けない自分はどうなのか?と猛省する。
ヨガで培った強いマインドを手帳に活かせるはず!と手帳の使い方を変えてみたら、激的に早いスピーで、やりたい事が叶うように。自らの体験談を踏まえた「CITTA式 夢を叶える手帳講座」が世間で評判となる。
他にはないオリジナルな視点から見た手帳講座を伝える手帳ライフコーディネーターとして活躍中。
b0130734_15103042.jpg





# by mayayoga | 2015-08-07 14:44 | Trackback | Comments(1)

鈴木まゆみヴィンヤサワークショップ!

東京から鈴木まゆみちゃんをお呼びしてヴィンヤサワークショップ&オープンクラスを開催します!!
mayaの良き友人であり理解者。ともにCyndi LeeからOM Yogaを学んだ仲間でもあります。

NYCでCyndi LeeやFrank Mauroに師事し、怪我なく理にかなった、しかもそれ自体楽しいヴィンヤサをどう組むか、様々なレベルの生徒にどう教えるかということをどっぷり学んできました。
長年lululemonのアンバサダーを務め、容姿端麗・語学堪能でありながら飾らない人柄と気さくな性格で多くの生徒さんから慕われる人気の先生です。
TT講師、有名なRay Long博士のヨガアナトミー本の翻訳、外国人講師の通訳とマルチに活躍しながら地に足のついたティーチングをしているとっても素敵な人なのです!
まゆみちゃんの魅力を語らせたら止まらなくなってしまうのでこの辺で。。。
b0130734_16521086.jpg


鈴木まゆみワークショップ by True Arts Yoga
2015年6月13日(土)14:00〜16:30/17:00〜19:00

①ワークショップ 14:00〜16:30
An Introduction to Vinyasa 「初めてのヴィンヤサフロー」-動きの中で瞑想する-

②オープンクラス 17:00〜19:00
Vinyasa Flow OM Yoga style「ヴィンヤサフロー 」 


【料金】①4500円 ②3500円  ①②通し受講7500円
【場所】ヨガスタジオフォレスタ
http://www.yogaforesta.com/map.html
【お申し込み・お問い合わせ】
trueartsyoga☆gmail.com(☆を@に変えてください)


ヴィンヤサヨガ入門編のワークショップとヴィンヤサフローのスペシャルクラスを開催します。(どちらもヨガを始めて1ヶ月以上の方対象、またはご相談ください)
ヴィンヤサとは、自然な呼吸のサイクル合わせて連続したヨガのポーズを流れるように行うスタイルで、主にアメリカで西海岸で発展し今では世界中で最もポピュラーな練習スタイルの一つです。
身体と呼吸が完全にシンクロすると、動きの中でも瞑想と同じような状態になることができると考えられています。脳が瞑想状態(緊張のない状態)にあると、私たちは心身ともに深いリラックス感を得る事ができ、活力が湧き、日常生活での集中力も向上すると言われています。こういった動く瞑想の継続的な練習は、肉体を健康にするだけではなく、物事の見方や考え方に変化をもたらしたり、自分のマインドのクセを理解できるようになったり、脳が持つ可能性を最大限に引き出してくれ、日常生活においてのさまざまなクオリティーを上げてくれます。

呼吸に導かれるように動く事で、流れの中での瞑想状態を体験してみてください。
深い呼吸とシンクロさせてポーズを行い、肉体とマインドを解放して脳を瞑想状態に持っていくのがヴィンヤサの練習の目的…と言うと、とても難しく聞こえるかもしれませんが、実はヴィンヤサにはポーズの練習という枠を超えた、もっと大きな概念が背景にあります。このワークショップではそのヴィンヤサの本質を理解し、体験する事が目的です。ヨガの練習を始めたばかりで、まだ体力や柔軟性に自信がないという方でも安心して楽しんで頂けます。

まず、初めの2.5時間でシークエンスの中に出てくるポーズの基本的な原理と、ポーズから次のポーズへのつなげる時の基本的な呼吸の方法を一通り学びます。自分にとって難しいポーズが出てきたとしても安心して下さい、そんな時のために簡単なバリエーションも紹介します。

休憩を挟み、後半の2時間では前半で学んだアーサナを使ったシークエンスで、ニューヨークブロードウェイの Om Yoga Center で行われているスタイルで実際にヴィンヤサのクラスを行います。一定のリズムでクオリティーの高い呼吸が作り出す瞑想的なマインドが、どれだけ深いリラックスを私たちの心身に与えてくれるのかを体感してください。

==講師紹介========================================
鈴木まゆみ (MAYUMI SUZUKI)

ヨガアライアンス認定講師E-RYT500。幼少期をハワイで、学生時代をオレゴン大学で緑とヒッピーに囲まれ過ごす。環境学、動物学、生物学などを学び、自然の持つエネルギーの不思議さを実感し、その後メディテーションに興味を持ち独学でさまざまな瞑想法を学ぶ。帰国後も英会話講師をしながら、アリゾナやハワイを度々訪れ、瞑想の旅を続ける。東京に戻り、都会の生活の中で過度のストレスにより体をこわしたのがきっかけで、体力づくりとストレスマネジメントのために本格的にアーサナの練習を始める。現在は英語と日本語のバイリンガルでインストラクターを勤めるかたわら、さまざまなヨガ関連本の翻訳を行う。ニューヨークブロードウェイにある Om yoga Center(現在は閉鎖中)の創始者Cyndi Lee、そしてFrank Mauro に師事、ニューヨークに定期的に訪問し学びを続けている。

E-RYT500/ OM Yoga certified teacher/ OM Yoga リストラティブ certified teacher/ 現在、一般クラス、シニアヨガの指導のほか、東京にあるアンダーザライトヨガスクールにて200時間、500時間ティーチャートレーニングプログラムの担当を務める。プライベートレッスン、各地での大型イベントでのクラス開催、日本各地でワークショップを開催中。lululemon athletica Ambassador summit 2014 日本代表。

図解YOGAアナトミー医師が教えるヨガの解剖学:
筋骨編、アーサナ編 翻訳者
著書にどこでも1分半ヨガ
b0130734_1652857.jpg

# by mayayoga | 2015-06-03 16:46 | ◆True Arts Yoga | Trackback | Comments(0)

True Arts Yogaティーチングスキルアップトレーニング100h スケジュール

True Arts Yoga ティーチングスキルアップトレーニング開催までいよいよ2週間を切りました。

ほぼ定員に達していますが、若干名単発受講希望の方、またモジュールⅡから受講希望の方を受け入れます。
以前にも数名からお問い合わせがありましたが、興味のある方は
trueartsyoga☆gmail.com (☆を@に変えて下さいね)までお申込み下さい。

■単発受講料■
土曜日:15,000円
日曜日:12,000円
■モジュールⅡ受講料■
全12日65時間 18万5000円
■募集要項■
こちらをご覧ください
http://www.trueartsyoga.com/#!skilluptraining/cph5

蓋を開けてみたら素晴らしいメンバーばかり集まりました。どのクラスに行っても今これだけ意識の高いメンバーを選りすぐって集めるのは大変なんじゃないか?と思うような顔ぶれです(若干身内びいきでしょうか…笑)受講生がこれからどんな風に繋がって、羽ばたいていくのか想像しただけでワクワクします。共に学び、刺激を与え合う仲間の存在は何よりの励みになりますね。誰よりも私が一番ワクワクしています!
b0130734_16234913.jpg


==True Arts Yogaティーチングスキルアップトレーニング100h スケジュール==

※全日程を通してティーチングプラクティスとフィードバック、意見交換、ケーススタディがあります。また、毎回課題が与えられます。
※以下の内容は概要です。進捗状況やスケジュールの都合上、内容が変更になることがあります。

■■モジュールⅠ 全7回35h(32h+課題3h)■■■■
■6/6(土) 14:00-19:00
オリエンテーション
ディスカッション①
ティーチングメソッド① -Ground, Earth, Base and Path- 地に足をつける
・基本中の基本、タダサナから考える

■6/7(日) 15:00-19:00
ティーチングメソッド② -Discernment- 優れた識別力
・基本の立位総復習。アサナ分解。共通性を認識する
・プロップスを用いた適応法・指導法

■6/13(土)14:00-19:00
ディスカッション②
ティーチングメソッド③ -Core- 土台と軸
・ダウンドッグのkey 肩と股関節の安定性・可動性
・アームバランス・プロップスを効果的に使いこなして指導する

■6/20(土)14:00-19:00 ■6/21(日)15:00-19:00
☆ゲスト講師Makotoによる指導者のための週末スペシャルワークショップ-Integrate your Teaching Skills-☆
①Art of Sequencing -シークエンスづくりのkey-
②Hands on Adjustment -アジャストメントに磨きをかける-
・観察力を養い、生徒のレベルと必要性を見極めた指導力を身につける
・単なるエクササイズの羅列ではない知的なシークエンスとは?
・届く言葉の選び方、生徒の理解度に合わせた指導
・観察力、アジャスト力、理にかなったシークエンスを組み立てる能力。総合的にバランスの取れたティーチングへのヒント

■7/4(土)14:00-19:00
ディスカッション③
ティーチングメソッド④-Down creates Up- 逆さまの世界・インバージョン
・安全な逆転ポーズへ導くための軽減法と工夫
Art of Vinyasa①
・Sun Salutationの問題解決
・ヴィンヤサの基本的考え方
■7/5(日)15:00-19:00
Art of Vinyasa②
・Sun Salutationの展開とシークエンス考察
・ウォーミングアップについての考え方


■■モジュールⅡ 全12回65h(54h+課題11h)■■■
■7/25(土)14:00-19:00
ディスカッション④
ティーチングメソッド⑤ -Squeeze and Release-ツイストのポーズ
・安全なねじり方と解き方
・ツイストの効果

■7/26(日) 15:00-19:00
ディスカッション⑤
ティーチングメソッド⑥ -Learn to root down- 座位のポーズ
・立位のポーズの理解を座位のポーズに活かす
・単なる“クールダウン”で終わらない座位の指導法

■8/8(土)14:00-19:00
やり直しヨガ解剖学① -ヨガ指導者なら押さえておくべき基本-
・今さら聞けない骨、筋肉、関節、結合組織
・陰陽ヨガのアプローチを解剖学的に考えてみる

■8/9(日) 15:00-19:00
やり直しヨガ解剖学② -動きの解剖学-
・アサナ分解
・凝り固まったパターンを崩す
・解剖学的理解を活かしたアサナの準備・調整法

■8/22(土)14:00-19:00
ディスカッション⑥
Art of Vinyasa③
・哲学と結びついたクラス作り
・伝えたいことを明確にする
・シークエンスの組み立て方、テーマ設定

■8/23(日) 15:00-19:00
Art of Vinyasa④
・アラインメントとフローの両立
・アジャストメント再考

■9/5(土)14:00-19:00
Art of Vinyasa⑤
・哲学、テーマ、アラインメント、シークエンスが統合されたクラス指導へ
・ティーチングプラクティス

■9/6(日) 15:00-19:00
☆ゲスト講師青木千草によるインストラクターのためのセルフマネジメント講座①

■9/19(土)14:00-19:00
リストラティブヨガ
・リストラティブヨガの基本的考え方
・指導法、クラスへの応用
・プロップスが限られている場合の工夫

■9/20(日) 15:00-19:00
ゲスト講師青木千草によるインストラクターのためのセルフマネジメント講座②

■10/3(土)14:00-19:00
模擬クラス・フィードバック、ケーススタディ

■10/4(日) 15:00-19:00
模擬クラス・フィードバック、ケーススタディ
修了式


【Ⅰ・Ⅱ共通 ディスカッションの主な内容】
・自分のヨガを掘り下げる。自分にとってヨガとは?
・話を聞き、伝える能力について考える
・指導者として養うべきクオリティ
・指導力を養う インストラクションからティーチングへ
・How to Teach? 教えることについて徹底的に考える
・自分の目指す指導者像
・アサナの形を教えるのではなく人を教える
・生徒のレベルを見極める。レベルに応じた指導
・伝える力。コミュニケーション力、プレゼンテーション力
・ヨガビジネス、セルフマネジメントとプロモーション
・ブレない軸、自分の哲学をティーチングにどう統合させるか
# by mayayoga | 2015-05-26 16:04 | ◆True Arts Yoga | Trackback | Comments(0)

月を見せることのできる指導者

初めて美香代先生のダンスクラスに出たのは数年前。
大阪に越して来て、ヨガも暮らしも落ち着き、何かヨガとは違うことしたいなー、久々にダンスもいいなー、と考えていた時だったと思う。その頃私はヨギー心斎橋でクラスを教えていて、「すぐ近くの Chacottoに素敵な先生がいるよ」とスタッフの子が教えてくれた。ちょうど金曜日の自分のクラスの後、30分後に美香代先生のクラスがあると知って、ヨガウェアのまま靴だけ履いて駆け込んだ。

ダンスから離れて10年以上。すっかりヨガしかやらない生活だし、慣れない動きに身体はどう反応するのだろう?とワクワクしながら受けたクラス。受けてみて…感動的でした。身体への深いアプローチと豊かな表現力、ユーモアを交えながら進むクラスと先生のお人柄、全てが魅力的で、絶妙にしっくりくる素敵な時間だったのです。

身体の使い方が心地良いのはもちろんなのですが、「モダンダンス」というクラス名にとらわれない魅力があって、かと言って「ボディワーク」という括りで語るのはやっぱり失礼で。もちろんダンスなんだけど、そんじょそこらの解剖学ワークショップ受けるより勉強になります。何より凄いのは、ダンスしたことがなくても、ヨガしかやっていなくても(笑)、その辺のおばちゃんやお婆ちゃんでも、美香代先生のクラスを受けたらきっと「!」という気づきがあるであろうこと。上手に踊れても踊れなくても自分の身体に興味を持ったり、身体の可能性を感じることができるのは素晴らしいこと。


“普通の指導者が空を指差すと、生徒はその指先を見る。優れた指導者は、指差したその先にある月を生徒に見せることができる”


優れた指導者というのは、ドがつく初心者に教えても「ふーん、へぇ〜、なんや知らんけど、何かええやん」と思わせてしまうことですね。
ヨガを教えるにしても、全く専門用語を使わず、ポーズらしいポーズもやらず、どーってこのとのない動きを教えても、ポーズの背景にあるものや、その取り組みはしっかり伝わる。「ほんならこの、ヨガっちゅうもん続けてみよか」と思わせることができる人が本当に実力のある先生でしょう。

身体あってのダンス、身体あってのヨガ。この持って生まれた身体をいかに生かし、認め、いたわり、新しい扉を開き、いくつになっても付き合っていく…

ヨガにしろダンスにしろ、テクニックや方法論よりも、探究心を持って色んな可能性を探ることが大切なんだとつくづく実感。美香代先生のクラスには、私が日々自分のヨガクラスで大切にしていることや伝えていることとリンクしたり共感するところがたくさんあって、ついニヤニヤしてしまうのです。

何より、いま自分の周りには先生と呼べる人が少ないので、それも単純に嬉しかったりします。人生の先輩であり、憧れの人なのですが、なんと、、、

先日私のヨガクラスを受けに来て下さった(°_°)ひゃー♡しかも先生にとっては初ヨガ!

何回かしか会ったことがないのにそんな気もしなくて、何よりダンスとヨガというジャンルを超えてマニアックな話ができて、とても貴重な時間でした。
b0130734_18493855.jpg

ちょっと話は逸れますが、子供の頃バレエを習わせてくれた親に感謝。ザ・昭和(笑)のバレエ教室と先生はどうしても好きになれなかったけど、それがなかったらその後ダンスに出会うこともなかったし、アメリカにも、JOCVでチュニジアにも行っていなかっただろうし、ダンスがなければヨガに出会い、仕事にしていることもなかったかもしれない。一巡りして再びダンスの楽しみに気づき、身体の使い方や探究心に目覚めたりすることもなかったかもしれない。

全てはみんな繋がっている。
そんなことを考えさせられるこの頃です。
# by mayayoga | 2015-04-24 18:44 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(1)

5月のイベント

5月はいくつかイベントも控えています。
まずは滋賀・信楽のGWリトリート
http://s.ameblo.jp/yogastudio-citta/entry-12004389986.html
CITTAの千草ちゃんと美味しいご飯&信楽の素敵なお宿でのヨガ三昧!

一泊二日でヨガの講座が5つも。どれもオールレベルなので、初心者でも大丈夫です。ヨガが好きで美味しいご飯とみんなでお泊まりを楽しめればどなたでも。

泊まりは無理だけど単発なら、、という方はコチラ↓
http://s.ameblo.jp/yogastudio-citta/entry-12004404109.html
CITTA守山店でいくつかスペシャルクラスを担当します。単発で受講が可能ですよ。お問い合わせはCITTAまでお願いします。


そして5月と言えば True Nature!今年で3回目!
b0130734_16425870.jpg

今年も講師としてクラスを担当します。また通訳は初来日のアイアンガーの先生Lieveを担当します!
クラスはどれも1000円!普段受けられないクラスを色々と受けてみるのも良いですね。軽井沢の素晴らしい環境の中で自然とヨガを楽しみましょう。

ヴィンヤサヨガ・マインドフルフロー
〜アーサナの取り組みを洗練させよう〜
【日時】5/24(sun) 09:00-10:30 【会場】バンケット4
http://www.truenature.jp/truenature/teachers-truenature/maya.html
ヴィンヤサとはポーズからポーズを呼吸で繋ぐ動的なヨガと認識されていますが、本来は目的に向かって一歩づつ歩んでゆく過程を指します。どんなに複雑に思えるポーズも基礎の積み重ね。ベーシックな動きを丁寧に紐解きながら、アラインメントへの理解とヴィンヤサの要素を両立させたクラスにしていきます。いつもの取り組みをもう一歩洗練させましょう。中にはチャレンジングなポーズもあるかもしれませんが、新しい気づきがあることでしょう。全てのレベルの方が対象です。
b0130734_16425745.jpg

昨年の様子です
b0130734_16425973.jpg

# by mayayoga | 2015-04-05 16:19 | ◆ヨガワークショップ・イベント | Trackback | Comments(0)

TUNISIAへの想い

Tunisia
2002年から2005年まで協力隊で派遣された私の “アナザースカイ” 20代の柔軟な時期に多くの貴重な経験を与え、考えさせ、一回りも二回りも成長させてくれた国。
b0130734_23364233.jpg
日本で滅多に名前の出ることのない北アフリカの小国が連日ニュースを騒がせている。首都Tunisのバルドー博物館でのテロリストによる襲撃事件。
ご家族との楽しい旅行の最中、たまたま居合わせて被害に遭われた被害者の方やご遺族の心中を思うとやり切れない。どれだけ恐ろしかったことだろう。その国に一時期でも暮した者としては心からお悔やみを申し上げたい。

チュニジアは観光で成り立っている国だ。主にヨーロッパ各地から大型ツアー客がやってくる。主な観光名所には一年を通して観光バスが行き来し、私の暮らした地中海沿いの街モナスティールにもツアー客専用の飛行場や、街外れにZone Touristiqueという旅行者専用の大型ホテル密集地があったほど。
チュニス近郊のカルタゴ遺跡やメディナと呼ばれる旧市街同様、あのバルドー博物館もそんなツアー客定番の観光地だった。私も日本から母が来た時に一度訪れたことがある。
b0130734_23390086.jpg

アラブだけれども日本人の想像する生粋のアラブとも少し違い、アフリカでもない。
チュニジア人たちは自分たちのアイデンティティーをマグレブ(北アフリカの民族)またはメディトレニアン(地中海の民族)と表現することがある。独特の文化を築いてきた国。日本にはなじみのない国だから、メディアではアラブ・イスラム諸国の一国という取り上げ方しかされない。せいぜい「アラブ諸国の中では比較的安全らしいよ」ということぐらいしか伝わってこない。
ネットのコメントには「リビアの隣国なんだから危ないに決まっている」、「こんな時期にイスラムの国に渡航するなんて」といった声さえある。日本にとっては遠いアラブ。イスラム=危険という構図で片づけられでしまうことはあまりに稚拙で悲しい。アジアの国々にも違いがあるように、アラブの国々もそれぞれ違う。イラン、イラク、シリア、ヨルダン、エジプト...遠く情報の乏しい日本からは同じように語られがち。モロッコもトルコもチュニジアも同じアラブでありイスラムの国だけれど全然違う。
b0130734_00175737.jpg

アラブの優等生と言われたチュニジアも多くの闇を抱えている。インテリ層と貧困層との間には思想的にも格差があると感じる。高い失業率への不満から、若者が中心となり「アラブの春」の発端となった革命を起こしたけれど、現状は一向に改善しなかった。将来へ希望が持てない地方の若者はイスラム回帰を謳うISISの巧みなリクルートに乗せられ、多くがシリアへ渡った。その数は3000人以上とも言われ、近隣諸国の中では最多だ。政権への不満、格差への不満、一向に良くならない暮らしへの不満...そんな不満を持った者がチュニジアに帰国し、いつかこんなことが起こるのではないかと心配していた矢先の悲劇。今回のテロの背景はまだ解明されていないが、何だか嫌な予感がする。

b0130734_23430731.jpg

昨年10年ぶりに訪れてみたけれど、何だか国が荒んでいた。観光客が集まるような場所も以前のような賑わいや輝きを失い、サービスの質も低下していた。革命前の独裁政権下では言論統制が徹底され、不穏分子は徹底して排除・抑圧されていたというが、物事は統制がとれていたと感じる。人々は自由と引き換えに何を得、何を失ったのだろうか。

b0130734_23393470.jpg
チュニジアを旅行で訪れたことがある日本人に出会うと皆さん口をそろえて「美しい、素敵な国」と言う。
旅行で来るとそんな風に見えるんだー、ということが沢山あって新鮮だった(笑)

どこでもそうだと思うが、住んでみると良いことばかりでは決してない。
若くてもかなりタフな2年半だったし、何度も「こんな国大っ嫌いだ」と叫んだ。
人々はしたたかで計算高く、物事は想像の何倍以上もうまく運ばず、中流・富裕層はプライドが高く競争心が強く、協調性がない。建物も何もかもすべてが中途半端で、外側だけ見ればとても美しいけれども、中身や設備が全くなっていない。洗練という概念は存在しないのではないかとすら思える。

同じ協力隊員を除き心から打ち解けられる人は皆無で孤独だった。おかげで過度に期待しないことや冷静に物事を見る目が養われたし、海外生活に幻想を抱かないこと(笑)や、肩の力の抜くことを覚えた。それから度胸とコミュニケーション力が身についた。たまに出会う素晴らしい人、最高の受け入れ先と校長、ダンスを教えた生徒たちに救われて2年半も暮らせた。
愛着があり、大っ嫌いでもあり、忘れられない出会いと経験があり、二度と暮らす気にはならないけど、やっぱり忘れられない国。良いことも、その何倍もあった嫌なことも、今となっては懐かしく思い出される。

b0130734_23565678.jpg
b0130734_00000022.jpg
かつての教え子たちは立派な若者に成長し、これから国の成長を担っていくことだろう。
彼女たちの暮らすチュニジアの未来が明るいことを心から願っている。

昔の写真を整理していたら、写真で見るととても美しく、素敵な国に見える。
綺麗事ばかりじゃなかったけれど、写真を見る限り「悪くないじゃん」と思える。
旅行で来ていたら決して見えなかったであろう現実や、リアルな人々の暮らしに触れられたこと、美しい空や海がある一方で、それと同じぐらいの闇や反吐が出そうなほど嫌な部分があることに気づき、幻想を抱かなくなったこと、揉まれて強くなれたことはやっぱり良かった。心の故郷などと言った美しいものではないが、やはり想いを馳せる地であることには変わりない。

b0130734_23513351.jpg
b0130734_23401042.jpg
b0130734_23392244.jpg
b0130734_23394119.jpg
b0130734_23400752.jpg
b0130734_00190793.jpg
b0130734_00153238.jpg
b0130734_00131645.jpg
b0130734_00051368.jpg
b0130734_00050524.jpg
b0130734_00015295.jpg
b0130734_00103205.jpg





# by mayayoga | 2015-03-21 00:06 | ◇Tunisia滞在記2002-2005 | Trackback | Comments(0)

Back to Basics

かなり更新が空いてしまいました。ついついFacebook頼りになってしまいます。年が明けてもう3月も半ばですが、今年はまたこのブログにも発信していきたいです。今までのようにとまではいかないまでも…

さて、久々にヨガに関する雑感です。
ヨガのクラスの名称って色々ですよね。流派の名前がついていたり、運動量やレベルなどがそのまま名称になっていたり。

現在私が教えるクラスは"Basic"や"アラインメント"や"Vinyasa"などなるべくシンプルで、何をするのかイメージしやすい名称にしています。(スタジオヨギーのように、スタジオによってクラス名称が決められている場合もありますが…)

BasicやBeginnerと地味な(笑)名前がついていると、物足りないんじゃないかと思い、つい派手(?)でキャッチーなネーミングのクラスに流れる人は少なくないと思います。声を大にして言いたいですが、Bのつく名前のクラスが楽チンで緩いかというと、絶対にそんなことはありません。ベーシックであればあるほど、かえってキツいです。ちゃんとやれば下手なヴィンヤサより汗だくになります。

ベーシックは「基礎の・基本の」という意味ですが、決して初心者、初級者に限定されるものではない魅力があります。ヨガの経験やレベル、流派を問わず全ての人が立ち返ることのできる基礎のクラスを教えることは、指導者として大きな喜びでもあります。

ヨガで目指すのはバランス。練習の目的はただアーサナ(ポーズ)の形をとることにあるのではなく、「どのように取り組むか」にあります。ベーシックなクラスほど基本的な立位のポーズを中心に徹底的に「取り組み方、意識の仕方」を指導します。足りない筋力は補い、硬い所はほぐし、過度な柔軟性はセーブし、バランスの取れた、怪我のない練習を目指します。地味にじっくりコツコツ…よっぽどキツいです。

どのクラスもそうですが、一つ一つの動きや呼吸を意識し、動きを単なる“ムーヴメント”ではなく、意思を持った“アクション(はたらき)”へと変えていくことを目指します。ポーズへの取り組み方が変わると、日々の生活での物事への取り組み方も変わってきます。姿勢が良くなると、メンタルにも良い影響が出てきます。身体のアラインメントを整えることは、心身ともにブレない軸を作ることでもあるのです。

基礎をしっかりと習得することが上達への近道にもなることは言うまでもありません。基礎をみっちり学ぶ、洒落っ気のないネーミングのクラス(笑)、街なかにひっそりと昔からあるヨガスタジオの地味なクラス、時々受けてみて下さい。できていると思っていたことすらできていない!なんてことに気がついてハッとするかもしれませんよ。でも良いのです。いつでもタダーサナから始めれば良いのです。基本のポーズはいつでも素晴らしい包容力で待っていてくれますから。
b0130734_1682474.jpg

# by mayayoga | 2015-03-13 15:32 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(0)

エイゴでヨガ!

英語でヨガのワークショップ、好評により各地で開催中です!

英語はまぁまぁ得意だった私、といっても帰国子女でもなく、大学時代に10カ月ほど申し訳程度に留学(と呼べるようなものではないですね)しただけの英語力でした。具体的には人より少し臆せず話せるぐらいでしょうか。込み入った会話や長い会話、現地で暮らしていないと分からないような表現などはいまだに苦手です。間違いもたくさんします。唯一の強みは好奇心が旺盛なところ(笑)と度胸、それから耳の良さとまぁまぁ良い発音でした。なのになぜ「ヨガ通訳」という仕事をし、英語でヨガを教えるまでになったのか。好きこそものの何とか、ということわざがありますが、好きであれば少々しんどいことにも耐えられます。私の場合はもともと好きだったヨガをエイゴというツールに結び付けて仕事の幅を広げていきました。

「ヨガ通訳」と「バイリンガルで教える」ということは似ているようで全く違います。通訳は日本語力が物を言い、英語でヨガを教えることは当たり前ですが英語力が求められます。日英バイリンガルでクラスを教えるならば、テンポの良さや頭の回転の速さも求められるような気がします(笑)

海外でトレーニングを受けた時、内容は全部聞き取れるのに、いざ自分が教える段になったら簡単なインストラクションひとつできないことに愕然としました。日本語では教え慣れているし何と言うか分かっている。それが英語になった途端「右足を大きく後ろに引いて」、「足を一歩前に」なんていう簡単なインストラクションさえ出てこないのです。ものすごくもどかしかったです。今では慣れてどってことないことですが、数年前は英語でヨガを教えることがひどくハードルの高いもののように感じたものです。好きなことと結びつけると語学は伸びると思います。

現在ヨガを教えていて、外国人の生徒さんと臆せず話せるようになりたい。
日本語に英語を混ぜて教えられるようになりたい。
単純に英語とヨガが好きで、学んでみたい。
そんな皆さんにピッタリのワークショップです

まずは昨年から何度も開催しているMay Yoga Studioとのコラボ
◆英語でヨガを教えてみよう!in May Yoga Studio◆
これまでの「英語でヨガを体験するクラス」がより学びと発言の機会を増やした内容にバージョンアップしてシリーズ開催です!
詳しくはコチラ↓
http://mayasalam.exblog.jp/24013180/
お申し込み、お問い合わせはMay Yoga Studioまで
http://mayyoga.yaekumo.com/


英語とヨガに興味はあるけど、いきなり「英語でヨガを教える」ことを目指すのは敷居が高い。まずどんなことをするのか体験したい、雰囲気を見てみたいという方にはこちらがオススメ!
◆英語deヨガ in Green Space Yoga◆
西大橋のGreen Space Yogaでも英語とヨガのワークショップを実施します。
詳しくはコチラ↓
https://www.facebook.com/468626423276692/photos/a.472554102883924.1073741827.468626423276692/506045622868105/?type=1&theater
お申し込み、お問い合わせはGreen Space Yogaまで
http://greenspace-yoga.com/


それからヨガ通訳を養成している日本で唯一の団体、私も所属しているsakura yogaでもバイリンガル講座を多数開催中です!
東京開催ですが、「英語でヨガを教えてみよう!」の講座も太陽礼拝編、シッティングポーズ編、スタンディングポーズ編と的を絞った内容で受講が可能です。
sakura yoga
http://sakura-yoga.net/


# by mayayoga | 2015-02-05 16:06 | ◆ヨガワークショップ・イベント | Trackback | Comments(0)

第2期募集!True Arts Yoga スキルアップ・ティーチャー トレーニング 100h

2015年6月スタート!
True Arts Yoga 100時間 スキルアップ・ティーチャートレーニング
第2期 in OSAKA

b0130734_19124423.jpg
2015年6月6日~10月4日 隔週土日 全19回(前期7日・後期12日)

確実に指導力を底上げするアドバンス・トレーニングが100時間にバージョンアップして再開講です。隔週土日の集中講座で更に通いやすくなりました。
既にヨガを教えている方、何らかのトレーニングを修了した方を対象としていますが、指導者を目指して勉強中の方もご相談により受講頂けます。
「200時間のトレーニングを修了したけれど自信がない」
「フリーランスとしてやっていく力を身につけたい」
「指導者としてのスキルアップを目指したい」そんな方にお勧めです。


True Arts Yogaのウェブサイトはこちら
http://www.trueartsyoga.com/#!skilluptraining/cph5
b0130734_1912459.jpg


―ヨガを教えることは Life long practice (一生をかけて取り組むこと)です。
もちろんティーチングの中身と技術は必要ですが、その人らしい、ブレないクラスを教えることが大事だと私たちは考えます。自分を知り、高めていくプロセスはヨガの魅力の一つですが、教えることから更に学ぶ指導者でありたいものです。
誰かの受け売りやマニュアルではないティーチングを。ましてやファッションではないリアルなヨガを。ヨガを一生取り組めるものとして、自信を持って続けていける仕事として、磨きをかけていきませんか?
共に学び、高めあう仲間を募集しています。―

このトレーニングはモジュールⅠ・Ⅱの二部制になっており、合計で100時間です。より総合的な学びのために両方受講されることをお勧めしますが、ニーズに応じて単発受講が可能です。モジュールごとに修了証を発行します。

◆モジュールⅠ(前期)◆ 35時間 Back to Basics ティーチングの基本を再確認!
【ティーチング・クリニック】
 ・自分のヨガを掘り下げる。なぜ教えるのか?
 ・基礎の基礎、きちんと教えていますか?~タダサナから考える立位のポーズ総復習~
 ・指導者として養うべきクオリティー
 ・観察力を養う ~“インストラクション” から“ティーチング”へ 
 ・プロップスの使い方をおさらい プロップスを使いこなして指導する
 ・Sun Salutationの展開 バリエーション
 ・ティーチング・プラクティス、フィードバック
【実技】※モジュールⅠ・Ⅱ共通
 ・アラインメントを見直そうⅠ ~ダウンドッグのKey~
 ・アラインメントを見直そうⅡ ~腰への負担を減らす・股関節と後屈の関係~
 ・アラインメントを見直そうⅢ ~真の力強さと安定・コアストレングス~
 ・アラインメントを見直そうⅣ ~ツイスト・スクイーズ&リリース~
 ・アラインメントを見直そうⅤ ~限界と挑戦を知る・アームバランス~
 ・アラインメントを見直そうⅥ ~逆さまの世界・インバージョン~
 ・アラインメントを見直そうⅦ ~根を下ろす・座位のポーズ~


◆モジュールⅡ(後期)◆ 65時間 Blush up your teaching skills 更に磨きをかけたティーチングへ 
【ティーチング・メソッド】
 ・How to Teach? 教えることを徹底的に考える
 ・アサナの形を教えるのではなく人を教える ~どのように取り組ませるか~
 ・アジャストメント再考
 ・適応力を磨く ~生徒のレベルに応じた指導法~
 ・伝える力・コミュニケーション力、プレゼン能力
 ・地に足の着いたティーチングとクラス構成のためのヒント
 ・ヨガビジネスとセルフマネージメント
 ・ティーチング・プラクティス、フィードバック
【Art of Vinyasa】
 ・ヴィンヤサの基本と展開
 ・クリエイティブなだけじゃない!理にかなった組み立て方
 ・アラインメントとフローの両立
 ・シークエンスの組み立て方、テーマの設定
【リストラティブヨガ】
 ・Deep Relaxation リストラティブヨガの考え方
 ・指導法・クラスへの取り入れ方
 ・プロップスが限られている場合の工夫
【やり直し解剖生理学】
 ・今さら聞けない骨格・筋肉・結合組織
 ・アサナを解剖学的観点から考えてみる
 ・動きの解剖学 ~凝り固まったパターンを崩す~

b0130734_19124546.jpg



【詳細・募集要項】
◆モジュールⅠ 35h:2015年6月~7月 隔週土日 7回35時間(講義32h+ホームワーク3h)
 6/6(土)、7(日)、13(土)、20(土)、21(日)
 7/4(土)、5(日)

◆モジュールⅡ 65h:2015年7月~10月 隔週土日 12回65時間(講義54h+ホームワーク11h)
 7/25(土)、26(日)
 8/8(土)、9(日)、22(土)、23(日)
 9/5(土)、6(日)、19(土)、20(日)
 10/3(土)、4(日)

時間:土曜日14:00~19:00 日曜日15:00~19:00(休憩あり)

会場:ヨガスタジオフォレスタ(淀屋橋)

メイン講師:Maya  ゲスト講師:Makoto・Ryotaほか

定員:14名(最少催行人数5名)

受講料:25万円(税込) モジュールⅠ・Ⅱ受講 100時間修了証発行
  モジュールⅠのみ:8万円(税込)30時間修了証発行
  モジュールⅡのみ:18万5000円(税込)70時間修了証発行

※分割払い可能 オリジナルテキスト付、修了証発行
※各回ごとの単発受講をご希望の方はご相談下さい

対象:ヨガを教えている方、アライアンス200hなど何らかのトレーニングを修了した方、ティーチングに磨きをかけたい方

【Special Offer】
スカラシップ(特待生)として特別割引料金にて受講頂けます。※若干名。選考あり
以下の条件を満たした方でご希望の方は詳細お問い合わせの上、ご応募下さい。
 ・ヨガ歴3年以上、定期的に練習をしている方
 ・レギュラークラスを担当している、または教える機会を持っていること
 ・基本的に全日程参加可能であること
 ・True Arts Yogaのコンセプト・活動に賛同し、宣伝などにご協力頂ける方
 ・過去にMayaのクラス・ワークショップ・TTいずれかを受けたことがある方


【お申込み・お問い合わせ】
 ・お名前
 ・お電話番号
 ・メールアドレス
 ・ヨガ歴/指導歴
を添えて trueartsyoga@gmail.com へご連絡ください。追って申込みフォーム、お支払い方法など詳細をご連絡いたします。
※あらかじめドメイン指定解除をお願いいたします。3日経っても返信がない場合はメールが不着の可能性があります。こちらのHPの「お問い合わせ」からご連絡頂くか、Facebookへのメッセージでお知らせ願います。

【相談会・ガイダンス】
ご希望の方には事前説明会を実施いたします(大阪市内)
自信を持ってご参加頂くために、このトレーニングに関するご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。(担当:金子)


# by mayayoga | 2015-01-20 15:19 | ◆True Arts Yoga | Trackback | Comments(0)

True Arts Yoga

カテゴリ

全体
◆True Arts Yoga
◆ヨガワークショップ・イベント
◆ヨガクラス・スケジュール
◇Yogaについてのあれこれ
◇ヨガウェア
◇ヨガマットBag
◇NYヨガの旅2009
◇Indiaヨガの旅2007
◇Tunisia滞在記2002-2005
◇Bali Wedding 2011
◇Istanbul時々ヨガ2012
◇猫と犬のこと
◇大阪くいだおれ
◇Family
未分類

最新の記事

2017年1月以降のクラスス..
at 2017-01-19 09:57
「ことばとじかん」通訳wee..
at 2016-12-06 16:30
11月の担当クラスと代行情報
at 2016-11-05 13:52
10月のレギュラークラススケ..
at 2016-09-27 18:12

最新のコメント

>ユウコさん コメント..
by mayayoga at 02:29
私にとっては、マヤ先生が..
by しょーこ at 22:53
先生のヨガへの取り組みコ..
by おかちゃん at 10:06
昨日はお久しぶりでした。..
by サボってた☆KOJIさん at 14:19
>おかちゃんさん あり..
by mayayoga at 23:22

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

画像一覧