リアルなヨガ・ティーチャー育成プロジェクトTrue Arts Yoga 金子真矢のブログ ◆ワークショップ、イベントの詳細はカテゴリからどうぞ◆


by mayayoga

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

シャーマン真知子

先日、何となく
「麻婆豆腐でも作ろっかなぁー、、」
と思っていたところ、母・真知子からメール。

題名が『簡単よ』

何かと思って開けたら、唐突に(前置きはおろか、
「元気?」的なメール本文さえないナシのw)
麻婆豆腐のレシピ!(☉∀☉)

なんなのなんなのー?!?!
うちの母!魔女なの?!笑

b0130734_02375045.jpg


で、シャーマン真知子(笑)のお告げにより、
その日の晩は麻婆豆腐にしました。
しかしびっくりした。ホラーだ。母親恐るべし…
b0130734_02375029.jpg

関係ないけど そら豆とビールは最高〜
↑しかしメインよりサラダの方が大きい、、、笑
# by mayayoga | 2016-07-28 02:32 | ◇Family | Trackback | Comments(0)

True Arts Yoga スキルアップトレーニング100h レポート③

今年のティーチングスキルアップTT100h
土曜コースは先日終了し、平日コースも佳境です。
アシスタントのYukaちゃんが素敵なレポートを書いてくれました。

ヨガティーチャーに限らず、人に物を教えたり伝えたりする仕事は、文章力と表現力といったプレゼン能力も大切なスキルです。このトレーニングではそういった事も重視しています。

=====================================
TT土日コース 後半レポート

またまたアップが遅くなってしまいました!
TT土日コースの後半がスタートです。後期も内容盛りだくさん!
今回は後期の前半の内容を振り返ってみようと思います。

後半の目玉は何といってもWS!
マキ先生の「教えてからの解剖学」、
そして前期に引き続き鈴木まゆみ先生の
「陰陽ヴィンヤサヨガ」のWSです。

どちらも素晴らしいWSでした!
まずはマキ先生の「教えてからの解剖学WS」から。
1日目は「股関節・骨盤」、2日目は「肩関節・肩甲骨」、
3日目は「ヨガでよく見られる疾患や症状」の計3日間のWSでした。
「教えてからの解剖学」ということで、骨の名前や筋肉の働き
といった基本からさらに一歩踏み込んだアドバンスの内容です。
この3日間を通してよく出てきた言葉は「代償動作」。
「代償動作」とはある動作を別の形でカバーすることです。
アーサナでいうと、筋力や関節可動域の限界を超えると
それを補うために本来必要のない別の部位を働かせることになり、
その代償動作が痛みやけがの原因とつながります。

しかし私達はアーサナに取り組むとき知らず知らずのうちに
この「代償動作」を行っているんです。WSでも実際に
骨や筋肉の動きに注意を払いながら丁寧にアーサナをとっていくと、
意識していても簡単にこの「代償動作」にスイッチが入って
しまうことを実感しました。マキ先生は、
「腰が痛い人は肩甲骨を動かすとよくなったりするよ」
とか「膝が痛い人は股関節と足首の硬さを疑う」と
おっしゃっていました。これらは代償に起因するものなんですね。
b0130734_01363250.jpg


指導者は目の前の疾患に惑わされず、骨や筋肉の基本的な
働きはもちろん、代償動作の可能性も視野にいれながら、
そのアーサナが本来の動きで行えているのか、代償動作で
行っているのか見極める目を養わなくてはなりません。

マキ先生は本来3日間では到底消化できないような難しい内容を、
小道具や分かりやすい例えや実践を通してかみ砕いて楽しく
教えて下さいました。ヨガ指導者としての目指すべき方向性や
私達の体の神秘にもう一度目を向け、解剖学の奥深さと
面白さを教えてくださった素晴らしいWSでした。
b0130734_01363286.jpg



今期の鈴木まゆみ先生のWSは「陰陽ヴィンヤサヨガ」でした。
前期は「ヴィンヤサヨガ」のWSをして下さったのですが、
今回はそのヴィンヤサをベースに「陰」と「陽」のアプローチで
対極に見える2つのエネルギーの関係性を探ります。
「動きながら陰の中に陽のクオリティを探し、陽の中に
陰のクオリティを探す」。ヴィンヤサでマインドフルネスに
動きながらそれぞれの対極にある要素を意識することで、
日常生活でも周りに振り回されず、自分軸を持ちながら
落ち着いた日常を送ることを目指すWSでした。
b0130734_01363362.jpg


“マインドフルネス”は最近本当によく聞かれるようになりました。
書店にはマインドフルネスを扱う書籍もたくさん並んでいます。
多様な働き方の中、忙しくマルチタスクな生活を送る現代において、
一つ一つの過程に丁寧に取り組んでいく様はまさに
マインドフルネスであり、ヴィンヤサの目指すところだと感じました。


そして通常の講義では「リストラティブヨガ」を学びました。
リストラティブヨガはアーサナで構成されるハタヨガと違い、
プロップスなどの補助器具を使い積極的なリラックス状態へと
促していくものです。いつもの活気ある講義と違って、
穏やかでゆったりした時間が流れていきます。
生徒役の人はとても気持ちよさそう・・・
見ているだけで眠くなりそうです。
b0130734_01363356.jpg

↑【写真の写り具合で足でアジャストしているように見えますが、違います笑】

リストラティブは一見動かなさそうで
指導するのは楽に見えるのですが、実は一人一人をよく見て
カスタマイズするように指導者が動いていかなければならず、
見かけ以上に集中力が必要だということが分かりました。
道具をたくさん使うなど多少の制限はありますが、
普段のクラスに少しリストラティブの要素を取り入れると
クラスの幅も広がるかもしれません。

後期前半のWS、講義の内容はこのようにとても幅広く、
特にWSが終わると頭がいっぱい・・・
新しい知識を得たところでじゃあ明日からどう指導していけばいいのか
途方にくれるような気持ちにもなりました。

そんな3日間のWSの最終日、
マキ先生がとても大切なことをおっしゃいました。

「ヨガは治療ではありません」

どんなに知識をつけても私たちは医者ではありませんから
人を治癒することはできません。
ではヨガティーチャーには何ができるのでしょうか。
それは痛みや不調の原因を知り、生徒に依存させずに自身で
癒し改善していく方法を提案することです。
その提案力をつけること、引き出しをたくさん作ること、
ではないかと思います。

そしてそれは解剖学だけに留まりません。
リストラティブでありヴィンヤサでありティーチングでもあり、
ヨガの学びは無限にあります。
知識を知識だけに留めず、試行錯誤して自分のものにして
それを提案力に変える。
私たちはそのためにこれからも学び続け、
「自分のヨガ」を探求していくのだと改めて感じました。

Yuka
=====================================
# by mayayoga | 2016-07-27 01:14 | ◆True Arts Yoga | Trackback | Comments(0)

お知らせ

◆スタジオヨギーのクラスに来て下さっていた皆様へ◆

この度、スタジオヨギーの全てのクラスを急遽降りることになりました。
長く通って下さった皆さんに突然このような報告をしなければならないことを大変残念に、また申し訳なく思っています。

様々な批判や憶測が飛び交うことと思いますが、皆さんがこれまで練習を重ねた大切な「場」であるスタジオの雰囲気が悪くなることや、新たな騒動を生むことを私は望みません。

私の口から直接説明することができない以上、詳しい経緯をこの場で述べることも差し控えたいと思います。私も人間ですから主観的、批判的になってしまうでしょうし、そうしたことが全体にとって良い結果を生まないと思うからです。(全体というのは、関心のある生徒さん、そうではない生徒さん、スタジオ、スタッフ、私、全ての人です)

これまでクラスに通って下さり、楽しみに練習を重ねて下さった皆様にはただただ申し訳ないという気持ちです。
ご挨拶することも叶わず、こうしてお知らせする以外に連絡の手立てのない名前を知らない方々もたくさんいます。せめてもう一度クラスに立ちたかった。

今後も皆様が心地良いと感じる場所で、それぞれのヨガを探求し、続けて頂ければ幸いです。
皆様各々の中に既にいる「先生」の感覚に気づき、迷いなく進んで行かれることを望みます。

またどこかで練習をご一緒する機会があれば幸いですが、仮にそれがなかったとしても、ヨガを通じてどこかで繋がっていけると信じています。

沢山の気づきと喜びをありがとうございました。
2016年6月9日
金子真矢


# by mayayoga | 2016-06-09 21:36 | ◆ヨガクラス・スケジュール | Trackback | Comments(2)

追加募集!6/5 鈴木まゆみ先生ワークショップ

今週日曜日の鈴木まゆみ先生による特別ワークショップ、キャンセルが出たため数席空きができました!
興味のある方はすぐにお問い合わせ下さい!
東京で大人気の素敵なまゆみ先生、関西で
彼女のクラスを受けられるのは滅多にない機会ですよー!
b0130734_12310476.jpg


◆True Arts Yoga 主催 鈴木まゆみ先生特別ワークショップ「陰陽ヴィンヤサヨガ」◆
日時:6/5(日)
①陽セッション 15:00-17:00
②陰セッション 17:30-19:30
各5,500円/①②セット受講10,000円
場所:淀屋橋ヨガスタジオフォレスタ
お申し込み:お名前、希望クラス、連絡先を明記の上
trueartsyoga@gmail.comまでお申し込み下さい。

===まゆみ先生からのメッセージ=============
皆さんこんにちは!鈴木まゆみです。
6月5日(日) のワークショップに申し込みありがとうございます。当日皆さんにお会いできるのを今からとても楽しみにしています。

今回は陽のセッションと陰のセッションに分け、それぞれ対極にあるように見える2つのエネルギーの性質や関係性を探ります。どちらか片方だけしか受講していない方も、各ワークショップは1クラスで完結していますので安心して下さいね。

今回私の取り上げた陰陽説とは、もともと中国から伝えられた「宇宙の万物は全て陰と陽の2つのエネルギーで構成されている」という道教の思想です。この思想の中では、陰と陽は万物が持つ性質であり、この2つは相対的でありながら単独では存在しえないと説きます。つまりはお互いを支えあう存在、お互いがお互いを根っことして存在しているのです。

現代のほとんどのヨガは、ハタヨガと言う流派が主流ですよね。このハタヨガの「ハタ」はもともと「力」や「パワー」を意味するサンスクリット語です。しかし現在では主に相対する2つのエネルギー(陰と陽、月と太陽、女性と男性、内側と外側など) であると解釈される事が多いようです。

初めの陽アプローチのセッションは「動中に静あり」をテーマにします。ヴィンヤサフローをベースにし、少し速いペースのフローを作り出します。そしてその流れ中にも必ず存在する陰のクオリティを探し出し、その中で自分を休める練習をします。動いているときにも、心穏やかに周りの状況に注意を払い、把握、俯瞰する練習。ハタヨガは動きながら行う瞑想だとも言われますがヴィンヤサはマインドフルネスを養うパーフェクトなツールなので私の大好きな練習方法でもあります。陽(動)の中にある陰(静)を意識し、全てに注意を払いながら行動できるようになると忙しい日常生活でも自分を見失う事は少なくなり、自己信頼力が育まれ、他人の評価や自分がどう見えるのか....と悩んでしまう一種の恐怖や苦しみから抜け出せるようになるでしょう。

一方、続く陰のセッションでは、逆のアプローチで練習します。すなわち「静中に動あり」がテーマです。静止している状態でも常に周りの状況を読み、いつでも動けるように心構えをしておく練習。これも形は違えど、陽のクラスで行う練習と同じようにマインドフルネスを養う練習になります。陽のアプローチ、陰のアプローチ、どちらが自分に合うかはその人の気質にもよりますが、この気構えを意識するという点では2つとも同じ練習になります。このクラスでは土台を広くして安定した姿勢をとり、動きのペースを落とし、内側に意識を向けやすい静かな環境を作り出します。静と言っても人間に生まれてきたからには、完全に全てを静止させるのは生理学的にも不可能です。もっと言うと我々は死んでも完全には静止しません。物質はどんどん変化する、すなわち死んでも動きは存在するのです。このクラスでは身体を完全に静止させるのが目的ではなく、陰の中にある陽の要素(マインドフルの状態を保とうとする取り組み) の必要性を探っていきます。特にこの陰の中の陽はコントロールの効かない厄介者のようで、一見敵のように見えてしまう事もあるかも知れませんが、うまく関係性を理解すると最高のパートナーになってくれます。もちろん瞑想だけではなくこのセッションでは肉体の陰と呼ばれる部分(表面ではなく見えない深部にある結合組織や内臓)に働きかけながら、内側で動いている陽の要素に気づく、そこに自分を繋げる練習をします。

どちらも超個人的なヨガの体験になると思います。体験に良い悪い、正解はありません。このワークショップが皆さんの日々の練習の深みを増すきっかけになりますように。
b0130734_12310539.jpg


# by mayayoga | 2016-06-02 12:27 | ◆ヨガワークショップ・イベント | Trackback | Comments(0)

魅惑(疑惑)のインド その②

リシュケシュ滞在中の出来事

深夜3時、
ドン!バン!バン!というただならぬ音で飛び起きた。

一体何事かと思ったら、
どうやら私の部屋のドアが破られようとしていた。

誰かが体当たりしてドアを開けようとしている。
安宿の頼りない鍵とドアは今にも壊れそうだ。

状況が把握できない混乱と恐怖の中、
ありったけの力で内側からドアを押さえながら

"WTF! Who the fuck is it ?!"
何なんだよ!誰だコノヤロー!

そしたら心底気持ち悪い男の声で
"I wanna sleep with you"
君と寝たい ときたもんだ。冗談じゃない。

しかしそれならそうと、そもそも部屋をノックするところから始めるだろうが(笑)

なんの前触れもなく夜中にドアを蹴破ろうとするなんて
タチが悪すぎる。底知れない異常さを感じた。

"Get the hell out a here!!!" 出てけー!
I'm gonna call the police!!" 警察呼ぶぞ!

毛が逆立つとでも言うのでしょうか
アドレナリン最大放出。心臓バクバク。
まさに"Fight or flight" 闘争逃避反応 ですね。
交感神経優位になり、全身の血流が手足に行く
(戦うか逃げるかするためにね)ってやつ。

この部屋にはフロントに通じる電話なんてなかった。
隣の部屋には欧米人の男性が泊まっていたが、
運悪くこの日の朝チェックアウト。つまり空室。
上の部屋には先生(日本人女性)が寝ていた。
しかし床と天井は石造りで、声は届きそうになかった。

部屋は角部屋で廊下に面しており、腰高窓が2つ。
そのうち男は窓側に回り出し、今度は窓をカチャカチャ…
ちょっとしたホラーだ。

武器になりそうなものは何もなく、
バケツと椅子ぐらいしかない。
万が一ドアが破られたらどうしようか、
使えるものはないか必死に考える。
シーツをかぶせて、その隙に椅子でぶん殴って逃るとか。
でも犯人は1人ではないかも知れない。

ありったけの声で
ふざけんなー!とか、何なんだ!消えろー!とか
日本語英語でわめき散らし、ドタバタ暴れ、
男は諦めたのかしばらくして静かになった。

当然眠れるわけもなく、ドキドキしながら様子を見る。

そしたら
小一時間してまた来やがった。体当たりpart2
恐怖通り越して怒りが湧いてきた。

「ドアは蹴破るもんじゃない!頭おかしいんか!
ノックすんのが先だろうがぁ!!」

の後、何て叫んだか覚えてない。
考えつく限りの英語の罵り言葉言い尽くした(笑)
再び攻防戦。ドア→窓→ドア→窓 の繰り返し。
もーやだ。

空が白み始めてようやく朝。
街がザワザワとし出して従業員や宿泊客の
朝の気配を感じてからようやく部屋を出て
一目散にホテルの管理人のところへ。怒り爆発。
同時に上階の先生のところにも報告。

「なんだって?!」と驚愕する管理人。

とは言え、私は犯人追及にも解決にも
大して期待はしなかった。
外国とはそういうところだ。
「そうなんだ、大変だったね。いろんな人がいるね」
で終わり。
自分の身は自分で守らねばならない。

この時期、休日か寺院への参拝だかで
インドの地方からリシュケシュへいわゆる「よそ者」が
多く来ていたらしい。結局、
「他の地域から来たやんちゃ者の仕業だろう」
ということになった。

これも「やっぱりね」だった。
外国ではよくあること。

大概都合の悪いことは他人のせいにしたがる。
ここの人間がやったんじゃない。
よその悪い奴の仕業だよ。
ここの人達にそんなことする奴はいない。
…という具合に。

この時(約10年前)は、インドで大きな問題になっている
レイプ事件について知らなかった。近年、世界的に関心を
集め、いかにこのような事が頻発しているかを後々になって
知ることになったわけだが、さもありなん。
「ああ、こういうことだったのねー」と納得する。

欧米人女性がホテルで被害に遭いそうになって
窓から飛び降りて脱出したケースもあった。
合鍵を使って入られたらしい。従業員もグルだった。


インド北部のリシュケシュはヨガの聖地だ。
アシュラムや寺院が多くあり、ヨガに携わる人、
ヨガの学びに身を捧げる人も少なくない。
そんな環境から、他の大都市に比べると穏やかで
比較的安全、悪い人はあまりいないと考えられている。

しかし、当然ながらそんなことはないのだ。笑
どこにでも人を騙し、貶めようとする悪人はいる。
外国人が集まる場所なら尚のこと。
カモが集まっているということだ。

インド農村部の女性蔑視、残酷なレイプや殺人事件について
知ったのはずっと後になってからのことだけれど、

自分の身に起こったこの事をきっかけに、
インドに対する憧れや尊敬や期待感は一切なくなった。
幻想を抱かなくなった。それどころか
ますますドーン!と地に足ついて帰ってきた。笑

「リシュケシュはさぞかし神聖な場所だろうから、
素敵な経験と学びが待っているわよねぇ
行ったら価値観変わるのかしら?
スピリチュアルなことに目覚めるかしら」

なんて期待して行ったつもりはなかったが、
どこかで浮かれていたのだろう。

「インドに行ったら何が変わる」的な
他力本願があったのではないか。

否、何も変わらない。


何かを求めて行ったら何も変わらないけど
何も期待しないで行ったら発見がある。

そんな感じじゃなかろうか。
インドに限らず、きっとどこでもそうだろうけど。

それ以降
「インド?わぁ素敵ー!」なんて全然思わなくなったし
もう一度行こうなんて気にもならなかった
(しかしその数年後に仕事で再び行くことになるのだが笑)

何でもそうだけど、
外に答えを求める限り何も見つかりはしない。
旅は考えるきっかけを与え、経験から更に考える機会を
与えてくれるだけの存在ですね。

b0130734_11022095.jpg






# by mayayoga | 2016-05-13 10:51 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(0)

True Arts Yoga ティーチングスキルアップトレーニングレポート②

アシスタントのYukaちゃんによるレポート②
皆さんメキメキ見る目が養われています!

===================================
ティーチャートレーニング平日コース、前期日程が終了しました!

毎回みなさん素晴らしい集中力で取り組まれていました。お疲れさまでした。

何だかあっという間のような気もしますが、振り返ってみると内容は盛りだくさんで、立位のアーサナの総復習、マコト先生のWS、解剖学のおさらい、ヴィンヤサの考察・・・そして前期ラスト2日間は前期卒業生によるクラスがありました。この前期卒業生によるクラスは今期初の試みです。

全日程通して計5回設けられているのですが、前期では2人の卒業生にお願いしクラスをしていただきました。

引き受けてくださったジュリさん、たかしさんありがとうございました。

お二人とも快く引き受けてくださったのですが、TT生の前でクラスをするという特殊な環境下でのプレッシャーも大いに感じていました。(気持ちよく分かります・・・)

このTTは「True arts yoga」の理念の大きな柱である『継続教育』の一つでもあります。

まさに「スキルアップトレーニング」の言葉の通り、このTTは現TT生にとっては各々がこれまで学んできたことに更なる磨きをかけるトレーニングの場であり、そして卒業生にとっては卒業してからもこのように何らかの形でTTに関わり、復習や見る目を養う継続的な学びの機会にもなっています。(アシスタントもその一つです)

卒業生がこのように積極的にTTに関わる機会が設けられているのは、マヤ先生がいつもおっしゃっている「とって終わり!ではなく、学んだことをどう自分なりに解釈して落とし込み、自分のスタイルに変えるか。大切なのはむしろTTが終わった後!」だからに他ならないでしょう。

そういう意味でも今回のクラスは、卒業生にとっては再度立ち返り見つめなおすよい機会になり、そして「自分らしいティーチングとは何か」をまさに模索している現TT生にとっても、一歩先に歩み始めた卒業生のティーチングに触れるとても貴重な経験になったことと思います。
b0130734_11452930.jpg

さて話は戻りますが、お二人ともそれぞれのスタイルで素晴らしいクラスをしてくださいました。

卒業してもこのように刺激をもらえる同期がいるのは本当にありがたいことだなぁと思います。
b0130734_11453060.jpg

ですがクラスが終わってほっとするのも束の間、まだこれで終わりではありません!

この後は「フィードバック※」の時間です。(※良い点や改善点など意見や感想をいってもらうことです)

このフィードバックの時間は今回だけでなく、普段のTTの講義の中でも常に設けてあり重要な時間となっています。なぜならフィードバックは「受ける側」だけでなく、「する側」にも双方に大きなメリットがあるからです。

まずフィードバックを「する側」は、観察力、言いたいことを簡潔にまとめる力、そしてそれを的確に伝える力が磨かれます。そしてフィードバックを「受ける方」ですが、こちらももちろん大きな収穫があります。

プラスもマイナスも含めいろんな意見をもらうことで、自分のいいところに気づいたり、引き出してもらえたり・・・ヨガに限らずこうした客観的な意見は自分を知る上でも貴重でありがたいものでした。
b0130734_11453083.jpg

このように多くのメリットがあるフィードバックの時間を、同期の一人が素晴らしい言葉でまとめてくれました!

「フィードバックは知的財産です!」ともこさんお見事!!

マヤ先生がタイトな日程にも関わらずこの時間を大事にされる理由を私達はそれぞれ前回身をもって経験したのでした。
b0130734_11453110.jpg

そして前期最終日の卒業生クラスのフィードバック。
マヤ先生も驚くほどみなさん的確なフィードバックができていました。

余計なことを言いすぎなかったり、自分なりの言い方を探したり、それぞれが思い思いに言う意見の中にこれまでの取り組みが集約されているようで、まさに「洗練された自分らしいティーチング」を垣間見たようなフィードバックでした。

そんな光景を見ていてとても頼もしく、同時に「来期はきっとこの現TT生の中から卒業生としてクラスをする人がいるんだろうなぁ」と思うとなんだか楽しみで、マヤ先生の「人の成長を見ることのできる指導者の醍醐味」を勝手におすそ分けしていただいた気持ちになりました。

今月14日からスタートの後期はこちらも初開催となるマキ先生の解剖学、鈴木まゆみ先生のWSに加え、講義内容もまた一段と厚みをましていきます。

フィードバックにももっともっと磨きがかかることでしょう。
しっかり休息をとって後期もまた気持ち新たに頑張りましょう!

お疲れ様でした^^

Yuka
====================================
# by mayayoga | 2016-05-11 11:34 | ◆True Arts Yoga | Trackback | Comments(0)

携帯紛失事件

なんともミラクルかつ謎なことが起こりました。
まず、今日人生で初めて携帯を失くしました。
ホームでいじっていて、地下鉄に乗ったところまではあったの覚えてたのですが、駅に着いてしばらくしてからないことに気がつきました。大焦りで駅に問い合わせ、警察署に届けを出し、テンションダダ下がりながらもクラスをし、帰りにまた忘れ物センターに問い合わせるも、、、ない。

ケースの特徴を聞かれて「青で、犬がヨガしてるやつです」ってなんか恥ずかしい思いをしながら言って(「犬の絵柄です」でいいものを笑)、駅員さんが「それらしきものがありました!」って言うから期待するも、よく聞いたら「アンパンマンのケースでした」って。それ絶対違うわ。

パーカーのポケットに入れてたから落としたのか、でも電車と駅で落としたなら誰かが拾って届けてくれてるはずで、そうなら3時間後にまだ見つかってないことはおかしいし、とか、ひょっとしたら盗られたんじゃないか、とか、ぐるぐるぐるぐる考え、半泣きになりながら帰宅。

凹みまくっていたところ、時間差で旦那さん帰宅。

旦那:携帯ないの
私:うん…(半泣き)
旦那:ないの
私:うん…(本泣き)
旦那:ホントにないの?笑
私:うん(ないって言ってんじゃん!怒)
旦那:ここにあるんやけど(ニッコリ)
って胸ポケットに私のiPhoneがっ!!!
えー!なんで?!!(◎_◎;)

満面の笑みの旦那さんからは事の顛末は教えてもらえず、何がどうしてそうなったのかは分からないのですが、とりあえず良かったー( ; ; )
さては魔女がかってる母・真知子同様、この人も魔法使えるな?

それにしても、失くしてみていかに携帯に頼ってるか痛感しました。ないと非常に困る!それはそれで困りものですね。
b0130734_02303837.jpg


# by mayayoga | 2016-05-10 02:29 | Trackback | Comments(0)

魅惑(疑惑?)のインド

ヨガをしていたら
誰しも一度は行ってみたいと思うのがインドだろう。
10年くらい前の私もそうだった。
ヨガを始める前から興味があったインド、
究極の面白旅ができそうな予感がしたし、
よく言われる「価値観変わるよ!」
なんていう言葉にも弱かった。

ヨガをするようになってからは
ますますその発祥の地であるインドに惹かれたし
伝統に触れてみたかった。行ったら自分のヨガの
練習の何かが変わるんじゃないか、とか
何か掴めるんじゃないか、とか、
それこそ価値観が変わるかも!
なんてワクワクしていた。

アーユルヴェーダ、マントラ、プージャ、哲学、
占星術、アシュラムでの生活、ベジ食、
伝統的アーサナ、寺院、神様たち、、

そういうキーワードはちょっとヨガをかじって
ハマり出した者たちを魅了する。笑

で、行くことにした。
20代の終わりに確か10日かそこら。
お決まりのリシュケシュとハリドワールにね。

その当時習っていた先生が、総合的なヨガの学びを
深めるためにインドと日本を行き来する生活を
していて、その影響を受けたというのもある。
何よりとにかく行ってみたかったし、
色々体験してみたかった。要はインドに
「自分探しヨガver.」的な期待をして行ったわけだ。

結果、旅行としては面白かった。
観光地的なところは一切行かなかったにもかかわらず。
(私の旅はいつもそう。名所とかスルー)

でも別に何も変わらなかったし、感化されなかった。
それどころか色々と覚めて(冷めて?)帰って来た。

アーユルヴェーダのクリニックでは
「うん、健康!問題ナシ!」と言われ、憧れの、
処方された薬をアーユルヴェーダ薬局で買う♪とか
毒素出すトリートメント受けに通う♪とか、
いかにも「らしい」ことは必要ないと言われた。
納得いかない顔の私にドクターは
「そんなに何か飲みたいなら、コレでも買っといたら?」と言い、
どこにでも売ってる万人向け健康食品、
ミキプルーン的なペーストを入手して終了。笑


色んなクラスを受けに行くも、
どれも普通。大概イマイチ。
目から鱗!みたいなクラスには出会えなかった。
1つだけ、とても好きでハマった川べりのスタジオで
陽気な先生のクラスがあったけれど、
チャレンジポーズと派手なアジャストオンパレードで
身体クタクタ…あれよあれよと言う間に
自分では届かない場所に手足が届いたり、
できないアーサナができたり。
普通はそれに夢中になるのかも知れないけれど、
私は次第に何だか自分でやってる気が
しなくなってきてしまい、飽きた。

私の受けた数少ないクラスにおいては
ほとんどの先生が生徒の身体を大して見ても
いないような気がした。全然心地良くない。
練習する部屋は寒いし(2月だった)
埃っぽくて汚いし、集中できない。
正直アーサナだけなら解剖学に詳しく、多角的に
物事を捉えることができる先生のもと、アメリカの
スタジオで練習した方がよっぽどいいと思った。

「えー?!だってインドはヨガの本場だし、
伝統的なアーサナを学ぶって貴重なことでしょ?」

なんて声が聞こえてきそうですが、
そもそも「伝統的なアーサナ」なんて
なかったかもしれないのですよ?

なぜなら、現在広く定着しているヨガ=アーサナ自体が
欧米的な考え方のもと、20世紀初頭の40年ほどの間に
作り上げられたものだから。
インドの伝統的なヨーガ実践においては
瞑想の座法を除く身体的鍛錬、つまりアーサナは
低俗なものとして捉えられていたのだから。

言ってみればアーサナはエクササイズ。
インドでもそれは同じだった訳だ。

※詳しくはマークシングルトン著
『ヨガ・ボディ -ポーズ練習の起源-』
を読むといい。とても興味深い

私たちが、伝統的なもの、もしくは古典だと
思っている太陽礼拝だってエクササイズ。

ー本文よりー
シュリ・ヨゲンドラは “太陽礼拝はインドの
太陽崇拝に合わせて作られた『体操の一種』で、
間違った情報を得た人々によってヨーガの一部
のように扱われてきているが、権威ある筋からは
はっきりと禁止されているものだ”


こういう解釈って面白い。

私たち日本人は、とかく「本場感」に弱いけれど、
私たちが勝手に作り上げたインドの「本物感」に
ごまかされて本質を見失う。
そして、外国人のヨガ熱と無知をいいことに、
それを利用して適当な似非ヨガ商売をする
インド人もいることだろう。

インドだからいいわけでも、ダメなわけでもない。
欧米がダメなわけでも、いいわけでもない。
作られたイメージに惑わされず、自分で選んだらいい。

よく「やっぱりヨガとかしてたらぁ、
インドって一度は行った方がいいですかねぇ?」
って夢見るユメコ系の子に聞かれるけど、

「うーん、どうかな^ ^何がやりたいかによるよね」
ってニッコリ答える。本音は

「“行った方がいいか”なんて知らんわボケ。
“行きたいか・行きたくないか”やろが。
自分で決めぇや!」だけども。笑

アーサナだけなら今やどこでもできる。ただし、
アーユルヴェーダを本腰入れて勉強したい
ヴェーダンタやサンスクリット語を学びたい
マントラのきちんとした発音と意味を知りたい
伝統的なヨーガを総合的に学びたい
インドの文化として根付いているヨーガに触れてみたい
ならば、インドに行く意味は絶対にある。
インドの学校でしか学べないことはたくさんあるだろう。

しかし、そういう人たちや諸先輩方は
何年も費やして学びを深めておられるからね。


ちょっと旅行で行ったぐらいじゃそうそう人生変わらない。
旅行は旅行。本人は何かを掴みに行くつもりでも、
やっぱり旅行なのだなぁ、と思う。

長くなったので続きはまた…
b0130734_17160753.jpg




# by mayayoga | 2016-05-07 17:04 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(0)

依存と自立 その②

あんまり言われることないけど、もし
「マヤ先生みたいになりたいです」とか
「憧れます」とか言われたら
複雑な思いがするだろうなー。
服装や、立ち居振る舞いや、教え方で
わたしのコピーみたいな人たちが出てきたら
もっと気持ち悪いし、自己反省するなー…

それってそうさせてしまう何かがあるってことで、
生徒を依存・執着させたりするってこと。
本人は意図してのことじゃなくても
「わたしを憧れの対象として見て」
って発信してる何かがあるのではなかろうか。
そして、実はその人自身にも依存・執着傾向があるような気がしてならない。

先生を憧れの対象として崇める生徒よりも、
憧れの対象として見させる先生側に
問題があることが多いんじゃないかなー。

深いところでは、コンプレックスと繋がってる気がする。
ブランドものや良いもので身を固めることで
自己証明する、みたいなね。
外見何もかも抜かりなくすることは、裏を返せば
素の自分で勝負できない弱さだったり。

私はブランドものに全く興味がないけれど
中途半端な成金や見栄っ張りはブランドネームに惹かれて、
本当のお金持ちはあんまりそういうこと考えてない気がする。
エルメスのケリーバッグをLLBeanのトートバッグ並みに
ガンガン床に直置きして使うとか(笑)
無造作に扱うとかしてるマダムがいたらカッコいいなぁ!
バッグは物入れるもの!車は移動するもの!
どんなにいい車乗ってても肝心の中身(所有者ね)が
不釣り合いだったら失笑もん。
もしも私がヨガセレブだったら、フェスタとかの会場に
颯爽と軽自動車で乗り付けるぐらいの余裕とユーモアかましたいなぁ。笑

話が逸れました。
ええと、依存・執着傾向ね、

もちろん中にはたまに、神がかってる、常人離れした
不思議な魅力を持つ人がいる。
本人には全くそんな気がなくても、そういう人の元には
癒されたいとか救われたいとかいう厄介な人たちが
やってくるから、それはそれで大変だな〜…と思う。
それはもう、そういう星の下に生まれたと思って
受け入れるしかない。菩薩だ、菩薩。

だけどそれ以外の多くの場合、カリスマという称号は
本人の勘違いか、周りからのイメージ操作のような気がする。

カリスマ歯科医、カリスマ整体師とか言われてる人は
大概胡散臭いし、自分でカリスマを名乗っちゃうのはもっとアウト。

本当に腕のある人は残るけど、メディアで話題に
なるような人や“◯◯メソッド”って
一過性のもののような気がしてならない。
それでいいからうまーくそれを利用して、
自分の名前と顔を売って、、っていう
“したたかさ”があればそれでもいいと思うけど。

カリスマじゃなくていいから普通に、いや、めちゃくちゃ
腕のいい歯医者さん、みたいな存在でいたいな。
派手じゃなくていいけども一流を目指したい。
言うなれば柔道の師範みたいな感じかなー。
K1とかに出てなくて、派手に広告打ってなくて、
でも紅白帯の知る人ぞ知る強者、みたいな。

普通普通、普通が一番。

ヨガのおねえさん的な存在かな。
(っていう歳でもないので、おかあさんでもいいや)
いやいや、わたしは親しみやすい訳ではないからちょっと違うかな。笑

目標とされるような存在になることはいいけど
盲信的について来る生徒を作るのは違う。
執着したくないし、させたくない。

同様に「マヤ先生のクラスはすごいです!」とか
「他の先生と全然違います!目からウロコです!」
とか言われたとしたら、それもなーんか違う。

うそやん!嬉しいやろ?
なにカッコつけてんの?

て言われるかもしれないけど、、
いや、ほんとに。
確かに有り難いことだとは思うけど、
批判覚悟で言わせてもらおう。

わたしがすごいんじゃない。
他の先生がちゃんと教えてないだけ。
もしくはちゃんと教えてる先生に出会えてないだけ。

普通にティーチング勉強して教えてたら、
生徒の課題を見抜き、それに応じた教え方ぐらいできる。
っていうかそれぐらいは当たり前。

過度な柔軟性はセーブし、硬い身体は柔軟にし、
体力筋力が足りない人はスタミナつけさせ、
各自の課題に意識を向けたティーチングをする。
それを通して目的や取り組みを明確にしたり、
精神的スタミナを身につける。
道徳観に触れ、考えるきっかけを与える…

わたしを始め、指導者はそれに気づかせ導くだけだ。
やるのは生徒、決めるのも生徒。選ぶのも生徒。
何かができるようになったり、何かに気づいて
変わったとしたら、それはわたしのおかげではない。
生徒自らがやったことだ。

素晴らしいのは私ではなくヨガ。
ヨガが素晴らしいのは、自己変容を起こせるところ。
そして、そんな風に変わっていく人の成長に立ち会えるところ。

この仕事は素晴らしい。
けれど、それを自分の名声や地位を高めることに使い出したら終わりだ。
# by mayayoga | 2016-05-05 05:00 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(0)

愛用品いろいろ

備忘録的にお気に入りの品々を網羅してみました。
完全に個人的な、多くの人にとってはどうでもいい内容です笑


Tamaki Niimeのストール
http://niime.jp
b0130734_16334801.jpg

昨年プレゼントで頂いたここのストール。巻いてみて、その暖かさと肌触りの良さに感激。寒い雪の日でも、風の強い日でも、これのおかげで首元だけは暖かかったです。そして蒸れない!空気を含んでふんわりと包んでくれるのに、余計な湿気は逃してくれる感じ。その加減が絶妙の快適さを産んでいます。
b0130734_16591971.jpg


私は昔から巻き物が好きで、ストールからスヌードからマフラーまでたくさん持っていますが、今まで安物からちょっと値が張るものまで色々試してみて分かったことは、コットンやシルク混で肌触りが良くてかさばらず、重たくないものが重宝するということ。旅に行くときも必ず持って行きますし、巻いたり敷いたりかぶったりするので、あまり繊細な作りではなく、ガンガン使えるものがいい。玉木新雌さんのストールはかなりの頻度で使っています。丁寧な手仕事。ずっと愛用したい逸品です。



Rockportのショートブーツ
http://shop.rockport.jp
b0130734_19410096.jpg


チビなので昔からヒール靴が好きでした。ヨガをするようになってからあまり気合いの入ったのは履かなくなりましたが、ペタンコ靴より高さのある靴の方が安心します。とは言え、ガンガン歩けて疲れにくいハイヒールを探すのは至難の技。
ハイブランドの美しいハイヒールは歩くために作られていないので、レッドカーペット歩く女優さんや送迎車で移動するセレブリティ達には良いかも知れませんが、私には不要だし不向き。

数年前に出会って履きつぶしたロックポートの靴、すごいです。走れます(笑)ここの10センチヒールを持っていますが、ホントに疲れません。パンプス類はオーソドックスであんまりオシャレなのはありませんが、いかにも!なウォーキングシューズよりまぁだいぶマシな見た目です。
b0130734_16591992.jpg

イチオシはショートブーツ。昨年の冬もセールになっていたものを購入↑ベーシックで使いやすい。
ここの靴、中敷きがadidasなんですよね。だから可愛くも何ともないしテンション上がりませんが(笑)別にいいんです。何と言っても履き心地抜群!
パンプスも会社勤めの女性や外回り、立ち仕事が多い女性には良いかも知れません。




Beau'reの巾着バッグ
http://www.ec.freaksstore.com/category/2_BEAURE/36053101290.html
b0130734_16334810.jpg

小さいけれど収納力があって、ダサくなくて、どんな服とも合わせやすいポシェット(死語?笑)ってなかなかありません。仕事の荷物は多いけれど、身の回りの貴重品は手元に置いておきたい。帰宅後の外出や休日もこれひとつで出掛けられるよう、大きなバッグから移し替えなくて済むようにショルダータイプの小ぶりバッグが重宝します。主張しすぎるブランドものは苦手なので(それに猫も杓子も、というのが嫌)、いつも質のいいものを探すのに苦労します。
たまたま見つけたこのバッグはショルダー紐と、短い持ち手の2種類付いているところがポイント。かなり使いやすいです。



AlternativeのTシャツ
https://www.alternativeapparel.jp
b0130734_16334936.jpg

ヨガ時にも普段も白Tシャツのストックは欠かしません。白T大好き。どうしても黄ばんだりくたびれたりするので、何年も着るものじゃありませんから、そんなに高級なものでなくて良いのです。2シーズンぐらいでくたびれたら雑巾にしてバイバイします。Gapやビームス、プチバトーの定番白Tか、Alternativeをずっと愛用。昔はTシャツはAlternativeしか着ない!ってぐらい好きでした。ZARAとアメアパは型崩れしてダメ。



◆ヨガウェアについては、よく「どこのですか?」って聞かれますが、ほとんど海外もの。あとGapのヨガウェアライン、GapFitが安くてなかなか優秀です!しょっちゅうセールしてるし。



Yoga Gives Backのタンク
http://www.jalaclothing.com/collections/yoga-gives-back
b0130734_16334930.jpg

チャリティタンク。デザインと色がかわいい。
丈が長めなのも好き。日本だとどこが扱っているのかな?知ってたら誰か教えて。



Jala Clothingのプリントレギンス
http://www.jalaclothing.com
b0130734_16334932.jpg

昔は“スパッツ”なんてダサかったけど、今はフレアパンツなんて誰もはいてない。笑
流行って面白いですね。
そのうちレギンスもお役御免になる日が来るのかな?このまま定番化してほしいものです。
今やこの仕事には不可欠なレギンス、ありとあらゆるものをたくさん持っていますが、海外ものは柄やデザインがかわいいものが多いです。
ここのは水着みたいな生地で夏に良さそう。中でもこの柄に一目惚れしました。



Lululemon athletica ebb to street tank
http://shop.lululemon.com/
b0130734_16334938.jpg

言わずと知れたルルレモン。昔からウェアはほぼほぼlululemon。時々浮気もしますが、やっぱりluluのしっかりめな作りとクォリティは安心感がありますね。
定番のluonの生地はどうしても毛玉ができてしまったり、目が詰まってゴワゴワしたりしてしまうのですが、このebb to street tankはリブ素材で毛玉ができない!着心地、形、生地感ともにbest tank ever!


Victoria Keenのレギンス
http://www.victoriakeen.com
b0130734_16334926.jpg

コットン素材とサイケな柄が素敵です。
スタジオヨギーで扱っているので、好みのデザインが出た時は買います。ポップなものより、紫とかダークな色味が好きですが、最近はなかなか好きな感じのが出ません、、


Hard Tailのレギンス
https://hardtailforever.com
b0130734_16334913.jpg

しっかりしたコットンのロールダウンレギンスの先駆け的ブランド、ハードテイル。
昔はOSHMAN'Sで買えました。大好きでした。
今は扱う輸入代理店も減ってしまい、残念です。アメリカから送料と関税払うとかなり高額になりますからねー…デニム調レギンスがとても便利で重宝しています。


nikoriのピアス
http://s.ameblo.jp/nikori2014/
b0130734_16334987.jpg

ピアス、すぐ失くすので、あんまり高いのは落ち着かないし、ジャラジャラ邪魔なのは指導に向かない
たまたま阪急だったかLUCUAだったかで出会った作家さんのこのピアス、なかなか良いです!女子っぽいけど意外と合わせやすい。


HURRAW!のリップバーム
http://www.hurraw.jp
b0130734_19410180.jpg

年がら年中欠かせないリップクリームですが、もう何本使い切ったか分からないぐらい、これです。
色つきならブラックチェリーかシナモン。楕円形のパッケージは転がらず、ポケットやポーチの中でもかさばらず、実はこの形が何度もリピート買いしている理由かもしれません。
b0130734_16570068.jpg

↑アーユルヴェーダリップ?!これ気になる!!



KORRRSのボディケア用品
http://www.fits-japan.com/products/korresnaturalproducts/
b0130734_16570162.jpg

化粧品は動物実験をしていないことを基準に選びます(下のOliosetaは定かではないのですが…)。何年か前に飛行機で隣り合わせになったアラブ系の女の子にここのリップクリームをもらってからハマりました。



Oliosetaのヘアオイル
http://www.projet-beauty.co.jp/barex/products/oil_treatment/
b0130734_16570109.jpg

モロッコにインスパイアされた香り。
好みが分かれると思いますが、私はめちゃめちゃ好みで、もうこれなしでは髪乾かせません。



パーフェクトポーションのボディスプレー
http://www.perfectpotion.co.jp/smartphone/
好きなのはerosとクールミント
b0130734_16570174.jpg

北見のハッカ油も夏には欠かせません。
b0130734_19410113.jpg




リングノートとペン
b0130734_16570124.jpg

通訳には欠かせないツールです。
2色のbicのペン、英語殴り書き、走り書きにはボール大きめの海外ものが向いています。あとノートはリングが大きくてペンがさせるやつ。私のノート消費量が多いのを知って、たまに友人がノートをくれるのですが、糸綴じのじゃダメなんです。めくれるリングノートがマストです。



Classics the Small Luxuryのネーム入りハンカチ
http://www.classics-the-small-luxury.com/index.html
b0130734_16570200.jpg

昔、妹に誕生日にもらってからハマりました。
東京と福岡にしかお店がないのが残念。
福岡に仕事で出かけた際はお世話になった人へのプレゼントに入手します。
これは愛すべき、ヨーダにそっくりな父に(笑)
b0130734_16570262.jpg




# by mayayoga | 2016-05-03 15:48 | ◇ヨガウェア | Trackback | Comments(0)

True Arts Yoga

カテゴリ

全体
◆True Arts Yoga
◆ヨガワークショップ・イベント
◆ヨガクラス・スケジュール
◇Yogaについてのあれこれ
◇ヨガウェア
◇ヨガマットBag
◇NYヨガの旅2009
◇Indiaヨガの旅2007
◇Tunisia滞在記2002-2005
◇Bali Wedding 2011
◇Istanbul時々ヨガ2012
◇猫と犬のこと
◇大阪くいだおれ
◇Family
未分類

最新の記事

5月以降のレギュラークラスス..
at 2017-04-24 00:26
大人の社会科見学
at 2017-04-15 15:58
日々雑感
at 2017-04-07 21:37
2017年1月以降のクラスス..
at 2017-01-19 09:57

最新のコメント

>ユウコさん コメント..
by mayayoga at 02:29
私にとっては、マヤ先生が..
by しょーこ at 22:53
先生のヨガへの取り組みコ..
by おかちゃん at 10:06
昨日はお久しぶりでした。..
by サボってた☆KOJIさん at 14:19
>おかちゃんさん あり..
by mayayoga at 23:22

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

画像一覧