リアルなヨガ・ティーチャー育成プロジェクトTrue Arts Yoga 金子真矢のブログ ◆ワークショップ、イベントの詳細はカテゴリからどうぞ◆


by mayayoga

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

二本松と相馬市へ

先週末、福島に行ってきました。
協力隊同窓会兼東北応援ツアーというイベントで。
b0130734_0225556.jpg

二本松の山奥にある協力隊訓練所。
ちょうど今から10年前、ここで2ヶ月半仲間とともに訓練を受け、それぞれ世界に旅立ちました。まるで昨日のことのように思い出します。
年齢もバックグラウンドも様々な130余名と共に過ごした濃い時間は私の財産です。
b0130734_0225743.jpg


麓の岳温泉は歴史ある古風な温泉街ですが、
震災の影響ですっかりさびれてしまいました。
b0130734_0225662.jpg

懐かしい旅館や、お世話になった居酒屋が軒並み店を畳んでいて、現実の厳しさを思い知らされます。

帰りは被災地である相馬市へ。
瓦礫はすっかり片付けられていますが、海から見渡す限り更地になってしまった街が無言で津波の恐ろしさを伝えています。
b0130734_0225839.jpg

遮るものがないためか、身体ごと吹き飛ばされそうな強い風が吹いていました。
基礎しか残っていない住宅密集地。ここにそれぞれの暮らし、それぞれの人生があったのだと思うと、被害に遭われた方や亡くなった方の多さを数字で表すことに違和感を覚えます。何千という犠牲者の数を聞くことに慣れてしまうのはまるで人格を奪うような冷酷なことです。一人一人に家族がいて、暮らしがあり、それが一瞬で奪われたという現実。実際の現場に立ってみると、五感でそれを強烈に感じました。テレビで見るより遥かにリアルな被害の酷さや現状。ただただ無念でなりません。
b0130734_0225861.jpg

抜けるような青空が不釣り合いにも見えます。本当にここを10mを超える津波が襲ったのか信じられないぐらいの穏やかな海でした。
あれから1年。復興なんて口で言うのは簡単だけど…
by mayayoga | 2012-03-30 16:07 | Trackback | Comments(0)

sadness

洗濯機が壊れてしまいました。
コインランドリーを探すことばかり考えていたのですが、ふと思い立ちました。

そうだ、洗濯機なんかなくても洗濯できるんだった。

お風呂の浴槽に水を張って洗剤と洗濯物を入れて足で踏み踏み。。。
何回か水を変えて、脱水して干す(なぜか脱水機能だけは生きてた)。

チュニジアにいた2年半は毎日こうやって洗濯していたのでした。別に大変なことでも何でもなく、普通のことだった。

お世話になったBechirの訃報に際し、足踏み洗濯しながら、またチュニの色んなことを思い出し。。泣きながら足踏み洗濯。ハタから見たらさぞかし滑稽でしょう。

昨日おととい、もちろんクラスには行きますし、その時は目の前のことに集中しますが、それ以外では他の事はあまり手につかず。思い出しては泣いてばかりいました。
本当に悔やまれます。
b0130734_1672130.jpg

by mayayoga | 2012-03-16 15:45 | ◇Tunisia滞在記2002-2005 | Trackback | Comments(0)

突然の訃報

一生のうちに出会う人の中で、家族や恋人以外で大切な、深く関わり合いを持てた人、
いつまでも心に残るであろう人ってどのくらいいるのだろうかと考える。
きっとそう多くはないはず。今日、そんな一人を失いました。

Mr. Bechir Harzallah

昔、協力隊でチュニジアに行っていた時の私の配属先である、
モナスティール音楽ダンス学校の校長先生。
歴代の協力隊員がとてもお世話になり、本当に良くしてくれた。

協力隊が配属される環境というのは世界各国、地域やその運営母体によって様々で、
中には理解や協力が得られずに苦労したり、本人と受け入れ先との間に
温度差があったりと、活動に支障をきたすことも少なくない。

その点、私たちはとても恵まれていた。少なくとも私はそう思う。
いい加減な仕事がまかり通るチュニジアだけれども、良識があり、協力的だった。

いつ見ても忙しそうに仕事をしていたっけ。
運営や、省庁のご機嫌取り、父兄とのやり取りに、
外国人である私たちの受け入れとケア...ざっと考えただけでもめまいがしそう。
きっとものすごく大変だったんだろうなぁ。
何よりあのチュニジアで、芸術を教育として根付かせようと献身的に
校長職を務めてこられた姿勢に敬意を表したい。

チュニジア生活は楽しいことばかりではなかったけれど、
活動そのものはとても充実したものだった。
あの校長だったからこそ、そしてあの学校と子供たちがいたからこそ、
2年の任期を7か月延長してまで残ろうと決めた。
いい経験をさせてもらった。 若さゆえに自分本位で呑気だった。笑

あれからちょうど10年。今、歳を取ったせいか、
あの頃周りにいた色んな人や出来事に思いを巡らせてみると
あの頃はちっとも分からなかった色んなことが見えてきたり。。
そのせいでだいぶ涙もろくなっている。
時が経って、記憶を思い出として美化しているだけかもしれないけど
不思議と良いことしか思い出さない。

校長先生は責任者であり、上司であり、良き理解者でもあった。
任期中、色んなことがあって1年ほど一人で教師をしていた頃、
たくさん相談に乗ってもらった。
どんなときも味方になってくれ、小さいことにも耳を傾けてくれた。
国や言語の垣根を越えて信頼し合えた数少ない人の一人だと思う。
友達とも家族とも違うし、帰国後連絡を取り合っていたわけではないけれど、
失ってみてその存在の大きさに自分でも驚いている。

チュニジアのことを思うとき、いつも彼と、彼がしてくれたことを思った。
だから今回の突然の訃報は本当にショックで悲しくて、受け入れがたい。

数か月前に電話した時、結婚の報告をとても喜んでくれた。
病気を患い、校長職を退いたと聞いた。
「でも大したことないから大丈夫。いつこっちに遊びに来るんだ?」
...会えなくなったら後悔するから、再会できるうちに再会しておこうと
今年中にチュニジアへ行くことを計画していた。そんな矢先の訃報だった。

悔やんでも悔やみきれない。
会いたかった。もっと早く会いに行けばよかった。

人生何が起こるかわからない。
会いたい人には会っておいたほうがいい、
やりたいことはやっておこう。
そして、後悔しないように生きよう。
b0130734_549161.jpg

写真を整理していたら、彼と写っている写真はこの1枚しかないことに気がついた。
自分の親との写真が少ないのと同じように。。
いつもそこにいるのが当たり前の存在だった。
Mr. Bechir, ありがとう。
まだ亡くなるような年齢じゃなかったのに、残念です。
もうちょっと待ってて欲しかったよ。。
by mayayoga | 2012-03-15 05:43 | ◇Tunisia滞在記2002-2005 | Trackback | Comments(0)

日々感謝して

震災から一年。
14:46はちょうど京都でクラスをしていました。

あの日、亡くなった方々や、大切なご家族を突然亡くされた方々の悲しみを思うと、やり切れない気持ちです。

健康で、ヨガができることに感謝。
家族が、大切な人が元気でいられることに感謝。
誰かのおかげでこうして日々を送ることができ、明日への希望を持つことができる。

これからの人生、どんな困難なことがあるかわからないけれども、後悔しないよう大切に日々過ごしていきたいです。

祈りをこめて、今日のクラスを終えました。
by mayayoga | 2012-03-11 22:49 | Trackback | Comments(2)

エイゴのお勉強

すっかり春らしくなってきましたね。
何か新しいことを始めたくなるこの季節、エイゴとヨガのお勉強なんていかがでしょう?
ちょっと変わったクラスとWSのお知らせです。
【大阪】3/25 バイリンガル
ヨガクラス@TOKYOYOGA大阪
いつものクラスを英語と日本語で。
詳細はこちら

TYG大阪には現在英語ネイティブの先生はいません。これから夏にかけて外国人ヨガティーチャーのクラスやWSが予定されているので、その前のお試しというか、英語のヨガクラスってどんな感じなんだろう?という方に受けて頂いたらどうだろう、ということで企画された今回の特別クラスです。さてさて、どうなりますやら。。
ルー大柴みたいにならないように気をつけねば。笑


【東京】4/21 解剖学英語講座@シュクラ原宿
私の所属しているヨガ通訳派遣・オーガナイズ団体のsakurayogaによるWS。今回で二回目です。
ヨガの現場で通訳として既に活躍している方、ヨガ通訳に興味のある方で身体の基本的な仕組みや英語表現を学びたい方、ヨガの解剖学に興味のある方などにオススメです。
詳細はこちら


ご参加お待ちしています☆
by mayayoga | 2012-03-11 00:16 | ◆ヨガワークショップ・イベント | Trackback | Comments(0)

ヨガ アナトミー

少し前ですが、ずーっと受けたかった内田かつのり先生のヨガ解剖学講座を受けました。そして、今日もひとつ受けて来ましたー。京都まで出張して下さるおかげで、今月からまた先生の講座をいくつか受けます。楽しみ!!

内田先生の良い噂は今までたくさん聞いていたのですが、モタモタしているうちに大阪に引越してきてしまいました。東京で開催していてもなかなか受けれず、いいなーと指をくわえながらwebサイトを見ていました。関西地方で開催してもすぐ満員になってしまう人気ぶりです。

ヨガという果てしない学びの中で身体を使うアーサナというのは言わば入門編。ほんの始まりの部分と言われています。
私が解剖学に惹かれる理由は、そこに明確な答えがあるからです。皆それぞれに違う身体、ヨガのポーズでも、解剖学的にに何が起こっているのか という答えは驚くほどシンプル。人間の身体の構造に個性はあれど、原則というのは大差ない気がするのです。腕を挙げる時の肩甲骨の動きは同じはずです。ヨガのポーズならダウンドッグの時の肩・肘・手首の関節の動きが説明できると、アライメントでどこを見なければならないかが分かります。

だから、ヨガのアナトミーを学ぶと客観的にアサナを見ることができます。そのアサナを行う時、関節はどういう動きをしていて、どの筋肉を使っているのか知っていれば、自分のまたは教えている生徒さんの苦手なポーズにぶつかった時、その原因はどこにあるのかわかります。
客観的に というのは「流派にとらわれずにヨガのアサナを見る目」とも言えると思います。身体のしくみを理解することで、それが養われるはずです。自分の身体を知ることはまた限界を知り、怪我を防ぐことにもつながります。

せっかく持って生まれた個性ある身体ですから、本来備わった機能を生かさないともったいない。骨や筋肉のしくみを知ることは、例えばヨガティーチャーでも何でも人の身体に関わる仕事をしている人には不可欠なことです。そうでなければアサナを教える時に「無理しないで下さい」とか「人と比べないで」しか言えません。もしかしたら、できない理由を「バンダ」とか「チャクラ」で片づけられてしまうかも知れません。
できないとしたら何故そのポーズができないのか、その人にとってどうするのが良いのか答えられる指導者でいたいものです。もちろん分からないこともたくさんあります。けれども少なくとも生徒さんに怪我をさせるなんてことは起きないはずです。

今まで考えていたことが、内田先生のWSを受けたことによってひとつにまとまった感じです。今まで色々遠回りをしながら小難しいことを勉強してきましたが、「なーんだ、こんなシンプルなことなんだ」って思いました。
b0130734_19391169.jpg

帰りに素敵なコーヒー屋さんで一息。
京都には素敵なカフェがたくさんあってうらやましいです。
by mayayoga | 2012-03-05 19:36 | ◇Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(4)

謎の白い粉

味の素とかハイミーとかの謎の白い粉系の存在を、ずいぶん大きくなるまで知らなかった。うちにはそれらを使う習慣がなく、食卓塩と同じような瓶に赤い蓋の、だけど塩とは違うそれが何かを知ったのは中学生とかそのぐらいになってからだったと思う。
「うま味調味料」とか都合のいい呼び名で通ってはいるけれども、それ自体を舐めたときのあの、「ゲッ!なんじゃこりゃ!」という不味さ。とてもあんなものをわざわざ食べ物に入れる気がしない。とはいえ現代人の食生活とは切っても切れない存在であることも確か。普通の生活をしていれば、どうしたって口に入りますからね。
外食をすればほぼ料理に使われているし(特に中華料理)、市販のカレールーや何かの「素」系やドレッシング、たれ、スポーツドリンクにまで入っているんですね。なるべく「化学調味料無添加」の調味料を探すけれど、数はとても少ないし、値段も割高。この辺の考え方でいつも旦那さんとぶつかるのですけども。彼は食品成分表なんて見たことも気にしたこともないんだろうなぁ。

別に全て自然派、無農薬、無添加 を目指しているわけではなく、わけのわからない物を積極的に摂りたくないだけ。なんでわざわざ化学物質を身体に入れにゃならんの?ということなのですよ。外食するときはしょうがないとして、家で作るものは避けようと思えば避けられるから。

そして、どうも納得がいかないこと

調味料の「アミノ酸」という表記。

化学調味料の味の素とかはアミノ酸ではなくてうま味成分の「グルタミン酸ナトリウム」であって、身体に良いと私たちが連想してしまうあの「アミノ酸」ではないのですよ。
そもそも人間の身体に必要なアミノ酸とはたんぱく質の材料となる「必須アミノ酸」20種類のこと。そのうち筋肉の栄養源となるのに大きな役割を果たす3つをBCAAって言うんでしたっけ、バリン、ロイシン、イソロイシンって覚えたような。。

ともかく、素材本来の味を殺してしまうような人工的な調味料はちょっと気持ち悪いんです。コンビニのお弁当とかサンドイッチを食べた後に何となく気持ち悪くなるのも、出来合いのお弁当やおかずを食べた後に胸焼けがするのも多分この調味料のせい。チェーンの中華料理屋の味がどこも同じに感じるのも、外食した時にひと口目がやけに美味しく感じるのもそう。

発ガン性があるとか味覚がバカになるとか昔から色々言われているけれども、一方で明らかに身体に害があるかというと、それを裏付ける明確なデータもないらしいです。。うーん、なんか臭い。

だけども、それってあくまで「この程度摂ったからって身体に害はありませんよ」ってことで、摂ったところで利点はない訳ですよね。うま味が増すとか何たら以外は。
きっと市販のお手軽調味料系には誰が作ってもそこそこ美味しく感じる同じ味にするために、入ってるんだろうなー。
カレーを、市販のルゥを使わずに作ったら、結構大変。そして、何かひと味足りない。きっとこの「ひと味」が、にっくき化学調味料の奴なのかもしれない。だけどしっかり煮込んだらちゃんと美味しくなるものです。

何でもそうだけど「お手軽簡単」には必ず何か罠がある気がしてしょうがないのです。
by mayayoga | 2012-03-04 16:55 | Trackback | Comments(3)

もう3月

早い早い。うっかりしてたらもう3月。
毎年最初の3ヶ月と終わりの3ヶ月ってあっという間に過ぎる。お正月から、ちょっと暇な2月をのんびりと過ごしていたら、もう忘れちゃいけない確定申告の時期。毎年領収書の山を前にしてゲンナリ。。昔から数字に疎いもので、書類と格闘です。

今月からまた学んだり、ワークショップしたり、TTに出張したり、通訳の依頼を受けたり と夏にかけてじわじわと忙しくなります。忙しいのは好きですが、前準備がどうも苦手です。。しかし、準備って本当に大切です。クラスも何もかもそうですが、
「プロというのはいかに準備をしておくべきか知っている人、そしてそれを怠らない人のこと」
というのは師であるCyndi Leeの言葉です。耳が痛い。。自戒を込めて。
by mayayoga | 2012-03-04 16:32 | Trackback | Comments(2)

True Arts Yoga

カテゴリ

全体
◆True Arts Yoga
◆ヨガワークショップ・イベント
◆ヨガクラス・スケジュール
◇Yogaについてのあれこれ
◇ヨガウェア
◇ヨガマットBag
◇NYヨガの旅2009
◇Indiaヨガの旅2007
◇Tunisia滞在記2002-2005
◇Bali Wedding 2011
◇Istanbul時々ヨガ2012
◇猫と犬のこと
◇大阪くいだおれ
◇Family
未分類

最新の記事

甘いもの < お酒
at 2017-08-23 18:51
大好きな曲
at 2017-08-19 20:33
“ヒップオープン”の落とし穴
at 2017-07-27 21:25
アライアンス認定300時間ト..
at 2017-07-18 22:21

最新のコメント

>ユウコさん コメント..
by mayayoga at 02:29
私にとっては、マヤ先生が..
by しょーこ at 22:53
先生のヨガへの取り組みコ..
by おかちゃん at 10:06
昨日はお久しぶりでした。..
by サボってた☆KOJIさん at 14:19
>おかちゃんさん あり..
by mayayoga at 23:22

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

画像一覧