「ほっ」と。キャンペーン


リアルなヨガ・ティーチャー育成プロジェクトTrue Arts Yoga 金子真矢のブログ ◆ワークショップ、イベントの詳細はカテゴリからどうぞ◆


by mayayoga

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヨガジプシー

大阪に来てもうすぐ5ヶ月、ヨガスタジオと先生探しは続いています。
いくつか主要なスタジオを廻り、かなりの数のクラスを受けましたが
正直、未だにいいクラス・先生に出会えていません。
ちなみに今日も2箇所で2クラス受けてみましたが
一つ目は先生が宝塚みたいで(出た!オンステージ)セリフ感に振り回されてしまいました。

二つ目は外国人の先生のクラスでしたが、もっとひどくて、正直今までに受けた
クラスの中でワーストではないかと思うぐらい散々で、我慢できず20分で退出。
私は今までクラスを中座したことはありません(自分がされたら嫌だしね)
学ぶ姿勢で新しいクラスを受ければ、必ずどこかに学べるところはあるから。
その何かを学ぼうとする姿勢は忘れちゃいけないと思うけれど、、今回は無理でした。
動きめちゃくちゃだし、息止めて思いっきり後屈だし、つながり完璧無視だし。
その動きの意図がまったくわからない!という、とにかく酷いクラスでした。

ですから、部屋を出たのは無言の抗議です。
怒りを通り越して、何だか悲しくなりました。

外国人の先生を招聘講師として手厚く迎えるスタジオは多いですが
当然のことながら実力があればこその話です。
外国人というだけでチヤホヤされるからでしょうか、怠慢極まりないクラスでした。
誠実さも、教える熱意も感じられない。それが伝わってきてしまったので
なおさら嫌になってしまったというわけです。

東京でこういうことはなかったので、ショックでした。
大阪はヨガ砂漠だ、と先輩ヨギーが言っていましたが、
私のヨガジプシーもしばらく続きそうです。。。
by mayayoga | 2011-01-25 22:36 | ☆Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(7)

言葉を選ぶことの大事さ

この前の続きです。またまたつぶやいてみようと。
ただし、あくまで私の主観で書いていることなので・・・
あなたはどう思うか、あなたはどんなクラスをするか、と聞かれたら
私はこのように答える。というだけのことです。

“それっぽい”ことを言うヨガの先生っていっぱいいるけど、
スーッと入ってくることもあれば、
なんだかお尻のあたりがムズムズしたりすることも・・・

例えば、「自分と仲良くなる」とか「ハートセンターを開いて」とか
「胸に光を」とか「大地と繋がって」とか「空に向かって」とか 。
・・・つったって「床」と「天井」じゃん?と思ってしまうのですよ。
青空の下、足元の土を感じながらする外ヨガの場合はまだしも。

いくらでもそれっぽい事は言えますよ。だけど、果たしてそれが
本当にふさわしい言葉かどうか。
受け手の耳に届かなければ、それはただの、先生の自己満足になりかねません。
だから言葉選びには慎重になります。言葉は生きているから
そこに実感や経験が伴わない限り、途端に薄っぺらい白々しいものになってしまいます。


ベタベタに飾り立てた曖昧な言葉なんて使わなくてもいいと思うのです。
ついでに言うと、「シェア」なんて言葉も嫌いです。だから
「今日の気づきをシェアしましょう」なんてことも言いません。
時々遭遇する「アイコンタクトで周りの人達に挨拶して終わりましょうね」って
わざわざ言われるのも、さっぱり意味がわからないし嫌いです。
あくまで私の個人的な意見ですが、そういうの、ヨガっぽいことを隠れ蓑にした
親切の押し売りだと思うし、余計なことだと思います。
アイコンタクトだ感謝だ何だ言われなくても、ヨガのクラスで気持ちの良い時間を
過ごしたら、思いやりの気持ちなんてごく自然に生まれているはずだし、
人と目が合ったらちょっと挨拶するぐらいのことするでしょう?
だから更にそういうこと言われると、too muchな感じがします。

だってヨガのクラスって、それだけで十分思いやりや温もりのあるものなんです。
生徒さんはわざわざ時間を作って、そのクラスに来ているわけです。
忙しいスケジュールを調整してきているかもしれない。
それだけで十分感謝の気持ちが湧いてきませんか?
毎回顔ぶれが違ったり、新しい人が来てくれたり、、
一度として同じ経験なんてないんです。
そして、たまたまそこに居合わせたメンバーが同じ空間の中で練習をし、
集中し、時間を過ごす。ポジティブな空気感が出来れば自然と思いやりが生まれます。
大勢人が来たら、誰かが自然にマットをつめて、皆が入れるスペースを作ってくれるでしょう。
遅れて来た人を入れてあげる優しさもきっとあるでしょう。

「クラス自体が大きなアライメントの一部なのです」
OM yoga の Cyndi Leeの言葉で、私の好きな言葉です。

そのアライメントに注意を払い、コントロールするのが教師の役目です。
居心地の悪い人はいないか、置いてきぼりになっているような人はいないか、
教室の隅々まで目を配ります。 ですから、教師である自分自身もクラスの一部であって
決して特別な存在ではありません。クラスの前に立つことはステージに立つこととは違うので、
たまにまるでパフォーマンスのようなしゃべり方・振る舞いの人を見かけると
とても残念に思います。フィットネスやダンスの世界からヨガの先生になった人に多いです。
だから私も気をつけています。。
人間、人の前に立つと、どうしても自分を良く見せようとか思ってしまいますが、
ヨガは経験を伝えていく作業なので、うまくやろうとするよりも、その人の人間性が
見えるようなクラスのほうがよっぽど魅力的です。ステージに立っている人(笑)ほど
ステージから降りた時の素の自分とのギャップが見えてしまいます。
そういう人を過去何人も見てきました。
ヨガ教師として、人間として、一貫性があるか。それを大事にしたいです。
ヨガのクラスで言っていることは自分が普段の生活で言っていることと同じでなくては
ならないはずです。だから、私は 胡散臭いことを言いたくないのです。
by mayayoga | 2011-01-25 21:57 | ☆Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(6)

自分探しの旅?

「ヨガは自分探しの旅」なんて言うつもりはさらさらない。
いい大人なんだから、自分が何者かぐらい分かっているはずでしょう。
「自分が分からなくなってしまって、自分探しの旅に出ました」なんて言う奴は嫌いだ(爆)
いや、二十歳そこそこの学生とかならいいですよ。どんどん旅に出てください。
だけど、いい歳して自分のことを分からない振りをするな。って思っちゃう。
弱いところを見せるのはいいの。ダメな自分とか。
欠点は隠したいと思ってしまうけど、それがどうにも隠しきれていない人とか、
弱いところを分かって頑張っている人には人間味を感じる。

以前、いつも通っていたヨガのクラスが突然の代行になっていたことがあった。
「○○先生が急に来られなくなったので、急遽私がクラスを担当します」と言った彼女は
「実は私自身○○先生の生徒で、実は今日が初めて教えるクラスなの」
と、皆の前で正直に打ち明けてくれた。笑顔がとても素敵で、一人ひとりの名前を聞き
調子が悪いところはないか丁寧にコミュニケーションを取っていた。
デビューのクラスが突然の代行でさぞかし緊張したことだろう。
ポーズの構成はめちゃくちゃで、順番が分からなくなったり、紙を見ながらたどたどしく
進めたり。。と、内容自体は 素晴しく良かった!とは言い切れないけれど
内容云々よりも彼女の人間性だったり、一人一人にきちんと目を配る真摯な姿勢に
私はとても感動し、素晴らしいクラスだったと思った。1日清々しく過ごせたのを覚えている。
ぜひ彼女に感謝の気持ちを伝えたくて、また会いたいなと思っていたら、後日
偶然にもとあるパーティーで遭遇。軽く挨拶をしただけなのに、彼女は
「あなたとどこかで会ったよね」と言った。ね、ちゃんと人を見ている証拠。
私はすかさず「あの時のクラス、すごく良かった!」と言った。

ヨガのクラスとは総合的なものなのだ。
どれだけスムーズにできたか、アサナの注意点を入れられたか、ではなく
その間にどれだけ正直な、自分らしい、人間味あふれるクラスを提供できたかにかかっている。
だから、セリフ回し的な喋り方で、いつも同じことを言って、同じことをする先生には
ちっとも魅力を感じない。それはただのルーティーンだから。
家でDVD観てやったほうがよっぽどマシ。

言葉は自分の中からしか沸いてこないし、自分の体験したことしか伝えられない。
自分の言葉でヨガを教えてくれる人に私は魅力を感じます。
by mayayoga | 2011-01-19 13:50 | ☆Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(5)

写真撮ってきました

b0130734_1746019.jpg

ドレスもいいけど、せっかくなので和装にしました。
海外挙式なので、写真は和装もいいかなと。

着物の似合う母は昔から着付けと和裁をやっていて、
でも私は洋服向きの体型なので、似合わないからと
成人式の時も着物は着なかった。
もう多分一生着物を着る機会なんてないでしょうから、いい記念になりました。
by mayayoga | 2011-01-17 17:46 | Trackback | Comments(13)

相棒ヨガマットJADE

ヨガをする者にとって欠かせないヨガマット。
マットはどこのが良いですか?と聞かれることも多いですが
手や足の裏にピタッと吸い付き、ポーズの土台を安定させてくれるものを
選ぶことをお勧めします。あとは持ち運ぶ際の重さや好みの厚さなど、
使ってじっくり見極めていくしかありません。
私も最初はスポーツ用品店で3000円ぐらいで売っているPVCの安っぽいマットから
使い始めました。そしてエコマットやlululemonのマット、マンドゥカのマット...
と色々渡り歩いて、とても信頼できるマットに出会いました。
JADEのヨガマットです。
天然ゴム100%のこのマットはグリップ力が良く、適度なザラザラ感が心地良いです。
マンドゥカや、YogaWorksのプラネットサダナも良いし、好きですが、
手や足に汗をかいて滑る人にはJADEのマットをおススメします。

1本のマットが売れるごとに木を1本植樹したり、安価な中国の労働力に頼らず全ての工程を
アメリカ国内で行うことで製品自体の品質を保ち、雇用・労働・消費者保護・環境への配慮
といった面で生産プロセスをきちんと管理している、そんな企業姿勢にも共感が持てます。
そんなところも私がJADEを支持する理由です。
b0130734_18124296.jpg

私は持ち運びには3.2mmのトラベル、普段の練習には4.8mmのハーモニープロフェッショナル
を使い分けています。ただ、3.2mmは薄さのあまり、ヴィンヤサの途中、足の運びに
合わせてよれたりズレたりしてくることがあるので、多くの生徒さんには適度な厚みの
ハーモニーをおすすめしています。
※ただし、天然ゴム製品のためラテックスアレルギーのある人には向きません。

↓↓JADEのプロモーションmovieに私もちらっと出ていまーす^^


生徒さん(お友達ももちろん)には購入の際の紹介割引もあるので
JADEのマットを購入したいという方は、クラスの前後にでも気軽に声を掛けてくださいね☆
by mayayoga | 2011-01-16 18:21 | ☆Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(3)

最近のヨガあれこれ

Blogの更新もサボリがち、気がついたらヨガに関することを以前のように
書かなくなっていたりして、ちょっと反省。。
環境が変わって、この人は食べることしかしていないのでは?と
思われてしまってもいたしかたない。いえいえ、ヨガのお仕事もぼちぼち
やっておりますよ。東京にいた時のペースよりはだいぶゆるいですが。
メインはTOKYOYOGA大阪。週3日クラスを担当しています。
その他、studio GreenYOGA PLUS梅田、 Tipness天王寺。
GreenやTYGではヴィンヤサベースのワークショップを担当したり。
b0130734_1737719.jpg

b0130734_17374165.jpg

↑年末のWS@Green 3人のインストラクターでMixクラスをしました。楽しかった!
5月には養成コースの解剖学とアジャストメントのクラスを担当する予定です。
これからもマイペースで楽しみます♪
by mayayoga | 2011-01-16 17:37 | ☆Yogaについてのあれこれ | Trackback | Comments(0)

Tunisia

チュニジアが大変なことになっている。

私が住んでいた頃、チュニジアは表向き平和に見えた。
だけどその裏で、現政権を脅かす不穏な動きや言動は、秘密警察のもと監視され
一掃されてきた。その犠牲になった人がどれくらいいるかわからない。
言論の自由などなく、ほんの道端の会話でも政治に関わる事を口にするのはタブーという
風潮があった。インターネットには閲覧規制がかけられ、送信したはずのメールが
届かなかったり、受信できなかったり、webベースのフリーメールが一切使えなかったり
と、私たち外国人も抑圧的な気味の悪さは実感していた。
メールは逐一チェックされているという噂が流れたほど。
共和制を取っていても、実際はかなり共産主義的なところがあった。
b0130734_1734838.jpg

アフリカの優等生なんていわれていたチュニジアだけど、
発展と表向きの安定と引き換えにいろんなものを抑制してきたのでしょうね。
各地で起こったデモや暴動が拡大し、国民の鬱積した不満が噴出。
23年間に及んだ強権政権が、ベンアリ大統領の亡命で幕を閉じた。
この国が良い方向に変わってくれることを願うばかりです。
b0130734_1741556.jpg

アフリカ諸国の中でも経済的に発展し、(けれどそれは観光資源があればこそ。
今回の一件で観光客が離れてしまったらどうなるんだろう。。)
美しい地中海と遺跡と、雄大なサハラ砂漠を有する小さな国。
アラブの一国でありながらアフリカやヨーロッパとも良好な関係を築き、
過去に大きな内戦や流血事件を起こさず独立国した国。
もともとインテリ層も厚いのですから、これ以上の騒ぎにならず
鎮静化して欲しいものです。
b0130734_1744958.jpg

by mayayoga | 2011-01-16 17:05 | ☆Tunisia滞在記2002-2005 | Trackback | Comments(5)

モヤモヤ

何だか眠れない…
そんな時はハーブティーを飲んで、少しボーっとしてみたり。
無理に眠ろうとしないで起きていることもあります。
本を読んだりPCをいじったりすると余計に眠れなくなるから良くないのでしょうけど、
今日もこうして起きています。あと数時間後にはレッスンだというのに(´-`).。oO
b0130734_5443347.jpg

私がベッドから出ると、2匹も決まってついてきます。
気がつくと傍らのソファで仲良く丸まっています。
私が寝室に戻ると、いつの間にかまた2匹もベッドの中へ。
いつ、どんな時もじっと側にいてくれます。
喋ることはできないけれど、きっと色んなことを、人間と同じように感じている。
色んなことが、わかっているんだろうなぁ。
by mayayoga | 2011-01-09 05:44 | Trackback | Comments(4)

お正月

b0130734_16583061.jpg

b0130734_16583077.jpg

実家にて
妹夫婦やお友達、姪っ子も集まって賑やかな年越しになりました。
----
犬のロンは姪っ子に乗られようが、目の中に指を突っ込まれようが、じっと耐える心優しい犬です。
二人はとても仲良し。

家は大酒飲みの家系なので、目の前で一升瓶がどんどん空いていきます。笑
ない酒はないぐらいの品揃え。酒呑みのお客にとってはパラダイスな我が家ですが、
お酒が飲めない人にとっては厳しい環境です。妹の旦那さんもあまり強い方ではないだろうに、
父のペースに付き合わされ、後半ぐでんぐでんになっていました。かわいそうに。。
そんな大人の大騒ぎの中にいてもすこぶるおとなしい姪っ子。
グズるどころかニコニコ。みんなにおとなしく抱っこされています。さすがは呑み助の家系に生まれた子。
酒豪のDNAはこうして受け継がれてゆくのね。
----
元旦は母のおせち料理を食べながらゆっくり過ごしました。
左のお盆に乗っかっているのは犬のおせちです(!)
保護犬2匹と家の犬1匹。相変わらず賑やかです。

今年も健康で、ささやかな幸せとともにある1年でありますように。
by mayayoga | 2011-01-01 16:58 | ☆Family | Trackback | Comments(2)

True Arts Yoga

カテゴリ

全体
◆True Arts Yoga
◆ヨガワークショップ・イベント
◆ヨガクラス・スケジュール
◇Yogaについてのあれこれ
◇ヨガウェア
◇ヨガマットBag
◇NYヨガの旅2009
◇Indiaヨガの旅2007
◇Tunisia滞在記2002-2005
◇Bali Wedding 2011
◇Istanbul時々ヨガ2012
◇猫と犬のこと
◇大阪くいだおれ
◇Family
未分類

最新の記事

2017年1月以降のクラスス..
at 2017-01-19 09:57
「ことばとじかん」通訳wee..
at 2016-12-06 16:30
11月の担当クラスと代行情報
at 2016-11-05 13:52
10月のレギュラークラススケ..
at 2016-09-27 18:12

最新のコメント

>ユウコさん コメント..
by mayayoga at 02:29
私にとっては、マヤ先生が..
by しょーこ at 22:53
先生のヨガへの取り組みコ..
by おかちゃん at 10:06
昨日はお久しぶりでした。..
by サボってた☆KOJIさん at 14:19
>おかちゃんさん あり..
by mayayoga at 23:22

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

画像一覧